オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Facebookが買収するWhatsAppのCEOはウクライナ出身の苦労人

»

前からうわさはありました。FacebookがWhatsAppを買収するって。でも160億ドルってだいたい2兆円ですから。いやはや。

アイティメディアの記事タイトルにはLINEの競合、なんて書きましたが(そうしないと日本の人には分からないと思ったんで)、世界ではLINEよりユーザー数が多いFacebookメッセンジャーにとっての脅威です。

今読んでるTwitterの内幕本にもTwitterに買収を持ちかけてきたザック(マーク・ザッカーバーグCEO)とのやりとりが出てくるんですが、WhatsAppのことも同じようにニコニコしながら脅したんだろうなぁ。

Snapchatの若きCEOはこれをはねのけたわけですが、WhatsAppの37歳のジャン・コウムCEOはいろいろ条件をつけて合意したんでしょう。

このコウムCEOの生い立ちを、Forbesが紹介しています。(下の写真の右がコウムで左は共同創業者のブライアン・アクトン)

Koum

政治的に不安定なウクライナのキエフ出身のユダヤ人。16歳のときに母親とともにマウンテンビューに移民してきました。Googleのサーゲイ・ブリンとちょっと似ています。彼はソ連から亡命してきたユダヤ人。ふたりとも、だから、検閲とか政治的な弾圧とかの問題に敏感です。

ジャンくん、マウンテンビューの高校生時代はちょっと問題児だったけど、コンピュータに興味を持ち、ハッカーグループに入ってNapsterのショーン・ファニングとチャットしたりしてたそうです。

大学生のときにWhatsAppの共同創業者のブライアン・アクトン(当時Yahoo!の44番目の社員)と出会い、意気投合してYahoo!に就職(まだ学生なのに)。2人でWhatsAppのアイデアを育ててスピンアウトした、とそんな感じです。

記事にも書きましたが、コウムはWhatsAppのユーザーに対し、Facebook傘下になっても何も変わらない。広告も出さないと断言しています。私はそんなことできるんだろうか、と半信半疑でしたが(Yahoo!に買収されたTumblrだって当初はそう言ってた)、検閲を嫌い、プライバシーや人間の権利を大事にするコウムだったら本当に守るかも、と思い直しました。

ただ、そうするとザックにとっての買収の意味はなんなんだろう。放っておいたら巨大化する企業を傘下に入れて、勝手に収益をあげてくれればいい、ということなんだろうか。

FacebookメッセンジャーにWhatsAppのいいところを取り込んで、WhatsAppは飼い殺しにするとか?

お話はこれからです。

Comment(3)

コメント

TETSU

WhatsAppって、ユーザーは多いけど、まだほとんど利益の無い会社だよね。
問題は収益方法がわからないってこと。
広告に否定的なのはザッカーバーグと似たような考え方だけど・・・
Facebookも株価公開で株主からの収益圧力?も強くなって、広告も出さざるをえなくなったようだけど、WhatsAppの今後はまだ不透明だよね。

> TETSUさま

一応2年目から年額0.99ドル徴収しているので、2年以上使っているユーザーが全ユーザーの半分くらいいれば年間売り上げ2億2500万ドル、ということに。
ザッカーバーグが広告に否定的だという認識は私はありませんでした。やみくもなバナーではなく、友達から勧めるのがいい広告だ、みたいなことを言っていたような気はしますが(ソースを確認する気力は今はないですごめんなさい)。

TETSU

でもほとんどはまだ無料ユーザーだと思います。
急激にユーザーが増えているので、2年目のユーザーが・・というかまだ創業まもない企業だし、そんなに居ないかw
問題は、無料のユーザーのどのくらいが有料ユーザーになるのかというところ
たいていの有料サービスは、無料サービスから有料になった時に大幅にユーザーを減らすことになるから・・

あとこの会社ってサーバーの運用にも問題があるようで、よく落ちるようですね。
もしかしたら、これもFacebook買収に影響あるのかも、資金と技術のサポートはありがたいでしょう。

ザッカーバーグについては、自分も本を読んだだけなので・・・創業当時は他にも流行ってたSNSはあったわけだけど、facebookが成功した理由に安定したサービスがあったかと。
他社は広告だらけで、やたらと重くなった(マイスペースなど)というのもあったかもしれないけど、周りの人は広告をやろうとしてもザッカーバーグが反対してたようです。
でも今は株公開して、利益を上げないといけないので、何らかの収入を確保する為にも広告は必要だと思います。もしくは単なるバナーではなく、もっと別の広告(友達から進められた広告?)が出来ればみたいなことも言ってはいるけど・・構想は良いが現実は難しい?

コメントを投稿する