オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Facebookの臓器提供ステータス 「それって何?」と思われただけでも有意義

»

Facebookの「臓器提供ステータス」、日本でも提供開始という記事を書いたので、臓器提供について少し勉強しました。

正直言って、家族と臓器提供について真剣に話したことがないような気がします。少し前(2010年7月だそうです)、本人が意思表示しなくても家族がOKすれば移植できるようになったときに「元気に死んだら(?)、使えるものは使ってねー」という話はしたような気がします。

意思表示って、日本臓器移植ネットワーク(JOT)で登録して緑のカードを持ってないと無効なのかと思ってました。

そうじゃないんですね。Facebookのステータスだけでも十分に有効なんですね (JOTでの登録のように、親族に優先的に提供したいなど細かい設定はできませんが) 。免許証とか健康保険証の裏に書く欄があることすら知らなかったです(恥ずかしい)。

こういう無関心なだめだめ人間が保険証の裏に意思表示を記入しただけでも、ステータスの追加には意義があったんじゃないかと思います(Facebookでの意思表示はちょっと保留)。

私は自分がなんだか無駄に長生きしそうな気がしているので、実際にはお役に立てないかもしれませんが。。。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する