オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ポルシェがGoogle Mapsを使ったカイエンのプロモーション

»

 Googleは今年はモバイルに注力すると言っていて、そうなるとキーワードの1つは「位置情報」。そんなわけでジオロケーションのお勉強をしようとWebをうろうろしていたらたどりついたポルシェのプロモーションサイト(音が出るので職場ではご注意を)。カイエンの新モデルに乗ってバーチャル試乗を楽しもう、というものなんですが、Google Maps APIを使っているようです。
Yu_porche
 画面左に並んだカイエンから試乗したいモデルを選び、右の地図の下に出発点と終点の住所を入力してスタートボタンをクリックしてドライブ開始。画面にはGoogle Maps上を移動するポルシェアイコンと、カイエンの美しい車体やダッシュボードなどの映像が交互に表示されます。バックミラーやぴかぴかの車体にルート上の観光名所の写真が写り込むのがすごいというか可笑しいというか。

 ジオロケーションというのは住所を地図上のマーカー(例の、涙マークを逆さにして黒丸をつけたアイコン)に翻訳してくれる機能(だと思う)。ポルシェのバーチャル試乗では、地図上を移動するポルシェアイコン(動くマーカー)の近くに貼られている画像を探してきてバックミラーとかに表示するようなプログラミングになっているのかなと思います。残念ながら日本は対象外なので、どんだけちゃんと機能しているのか確認できませんが、なんかすごいことしてるような気がする。

 会社のPCだとパワー不足で滑らかにはいきませんでしたが(なので画面キャプチャできませんでした)、Google Maps APIの利用例として面白いと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する