オルタナティブ・ブログ > Allegro Barbaro >

開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

「Delphi / C++Builder Starter Edition」のIndyライセンスって何?

»

昨日、DelphiとC++Builderのエントリーエディション「Delphi Starter」と「C++Builder Starter」を発表しました。エンバカデロないしは他社の開発ツールを持っている方であれば有償/無償を問わず、税別¥14,000のアップグレード価格で購入できるので、実質¥14,000で、DelphiやC++Buidlerが使える、という製品ということになります。

これまで、商用開発不可のエントリーエディション「Personal」や、機能拡張に制限を設けていた「Turbo」など、有償、無償のいろいろな試みをしてきました。

ツールを無料で提供するという取り組みは、ユーザーには歓迎されるかもしれませんが、ツールの供給そのものをビジネスとしているメーカーにとっては、なかなかできることではありません。多くのプラットフォームベンダーが、自社のプラットフォームに囲い込むことを目的として、無料のツールを提供しているのはご存知のとおり。ツールの供給によって、別のところで収益が上がるモデルがあれば、これも成り立つのでしょう。ただ、現時点で、我々のような独立系ツールベンダーでは、その方法を発見していません。

今回のStarter Editionでは、最善の解決策かどうか分かりませんが、「Indyライセンス」と呼ばれる方法を試みています。Q&Aには以下のようにあります。

Starterエディションのライセンスはどのようなものですか?
Starter エディションのライセンスモデルは、「Indie」ライセンスまたは「インディペンデントデベロッパースタイル」ライセンスと呼ばれるものです。音楽や映画業界で言うところの「インディーズ」をイメージしてください。「Indie」ライセンスは、特別な商用ライセンスで、フリーウェア、オープンソース、限定的な「収益」を上げる商業用の利用が許諾されます。ライセンスは、趣味のプログラマ、学生、フリーランスなどの方が、大きな初期投資をすることなく、収益を上げる商用を含めたアプリケーションの開発や配布を始められるように考えられています。このライセンスモデルは、音楽や書籍の自費出版のモデルを参考に作られ、ゲームやモバイル開発ツール市場で普及してきています。

ソフトウェアの開発で収益を上げるか上げないかは、難しい線引きだと思います。これまでのPersonalでは、そこがネックとなって、ビジネス用途とパーソナル用途が完全に分断されてしまったように思います。

Starter Editionでは、商用開発OKだけれども、年間約8万円~9万円ぐらい(1,000 USドル)の収益を上げたら、上位エディションに移行してください、というライセンスになっています。それと、ひとつのサブネットで5名までしか使えない、という制約もあります。これは、6名以上の規模で使う企業であれば、すでにそれなりの規模なので、同じく上位エディションに移行してください、ということです。

少し前のデベロッパーキャンプで、Michael Swindellが、開発環境からツールやプラグイン、コンポーネントなどを検索して、購入、即使用できる(インストールなしで!)環境を提供する構想を紹介していました。

これまで、個人で開発してきたDelphi/C++Builder用のプラグインやコンポーネントは、自身のWebサイトやフリーウェア/シェアウェアを供給するサイトに掲載してダウンロードしてもらう以外、訴求する方法がありませんでした。Michaelの構想が実現すれば、一番のユーザーであるDelphi/C++Builderを使っている人のまさにその環境で、これらのソフトウェアを紹介できます。

このときにも、Starterは参入障壁を下げるエディションとして機能するのではないかと思います。

Comment(6)

コメント

だだ星人

1996年からのDelphiユーザーです。
業務ではDelphiから離れていますが、今でもサイコーの開発言語はDelphiに間違いないと考えています。

ただ最近のDelphiは値段が高すぎで、且つ旧バージョンからのアップデートも限定的なので購入していませんでした(Delphi2005で止まってます:使用しているのは7ですけど)。

でもDelphi Starter、これはイイ!!これは買います。良いサービスをありがとうございます。

だだ星人さん、
Delphi Starter、評価いただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

Delフサ

こんにちは。
よい製品によい販売戦略を期待しております。

ストラテジーレターV - The Joel on Software http://local.joelonsoftware.com/wiki/ストラテジーレターV

何かをコモディティ化できるチャンスをねらっていって欲しいです。
この本の予測通り、sunは退場してしまいましたね。

恭一

恭一

Delphiとの最初の出会いは学生時代でした。

Delphi6以降辺りの時代から、会社で担当してたjava開発が、
短期納期・高品質・低コストと厳しくも楽しいプロジェクトが続いて、
個人で開発している暇が無かった。。。

何年かぶりにそういった状況から脱しつつあるため、
Delphiの購入を検討するも、以前に比べて高価になっていたため
64bit対応版 Delphi を待つ方向で考えていたけど、
Starter Editionは良いですね!!

学生時代に購入した Delphi2 アカデミック版を思い出す価格設定に感謝!!
64bit対応版が出るまで、Starter Editionを使用するのもありだと思いました!!

話は変わるのですが「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」を、
週の中頃に開催されてしまうと地方からの(個人)参加は難しいです。
参加者の殆どが法人様だと思いますので平日開催は仕方無いとしましても、
せめて週末にして頂けますと、個人での参加もしやすくなります。
要望まで。

それと「エンバカデロ・デベロッパーキャンプツアー・イン** 2011」を、
東北地方でも開催して欲しいです。宮城県仙台市の駅周辺であれば、
宮城県に隣接する県からのアクセスも良いハズですよ!!
これも要望まで。

Delフサさん、恭一さん、
コメントありがとうございます。DelphiもC++も、Starterを機軸に、入門向け技術情報を提供できればと考えています。

東北地方のイベントですが、今回のツアーでも仙台が候補にあがりました。ぜひ、今後実現したいですね。よろしくお願いします。

恭一

仙台で開催される際は、必ず参加します!!
(^-^)

コメントを投稿する