オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

わかっちゃいたけど動画の威力はすごい

»

新潟県の小千谷でスキーオリエンテーリングの大会が昨日あったので、全日本チャンピオンの堀江選手にヘッドカメラをつけてもらった。(競技がしづらくなるので、本人はとても嫌だそうだが)

私を含めたスキーオリエンテーリング愛好者にとって、はるか遠くから滑ってくる堀江さんにあっという間に抜かれるのはよくあることで、堀江さんの早さはよく知っているつもりでいた。

しかし、堀江さんが撮影したビデオを見てみると、「わかっちゃいたつもりだけど、改めて堀江さんってすごいなぁ」と、いう話になった。

・あの曲がりくねった下りをこのスピードで抜けるんだ。(川に落ちるぞ)
・地図いつ読んでいるんだろうね。全然止まらない。(俺だって立ち止まらないよ、という突っ込みあり)
・えっ?こんな崖をショートカットしたの?(普通はピステ道を通るよね)
・このスピードであの坂をダブルポールであがれるなら、確かに直進するよね(僕は登りの少ない道を通ったけど)
・つまり、腹筋使って登ればこれくらいカメラがぶれるってことね(やっぱり私は登りの少ない道を選んで正解!)
・あの坂から急に止まれるんだ。(僕は下りで止まれずチェックポイントを通り超えちゃったよ)
などなど。

スキーオリエンテーリングマニアは彼の滑りを30分見ても飽きず、話もつきないのだが、皆さんはそうはいかないでしょうから、2分間にまとめてたビデオでどうぞ。

オリエンテーリングはそもそも観戦向きのスポーツではないのだが、こうやってヘッドカメラの映像を見るとなかなか面白い。百聞は一見にしかず。こうやって簡単に映像を取って、ソーシャルメディアでシェア出来る時代になったのだなぁと、今さらながらしみじみ思う。

本当はスキーオリエンテーリング競技になじみのない方のために、堀江さんが滑っているところを後ろからビデオで撮りたかったのだけど、日本最速の男にビデオで追いかけて取れる人は誰???

3年前のエントリーはこれ
今年も息子を連れて行った。来年は競技者として大会に出そうっと。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する