オルタナティブ・ブログ > マリコ駆ける! >

翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

経営者にとって必要なのはコンサルタントより話し相手

»

経営者は相談相手がなく、孤独だとよく言われる。

例えば人事に関することなどは、立場が違うのでスタッフに相談しづらいし、(必要な情報を集めたり、考えを聞くことはもちろんある)特にネガティブなことに関する決断については、スタッフを必要以上に巻き込んではいけないと思うことも多い。

それでは、誰に相談するのかというと、小俣さんが「経営者同士の横のつながりは得がたいもの」で書いているように経営者仲間に相談するというのが多いのかもしれない。私もそうしている。
なんたって立場が一緒なので共感してもらえる部分が多い。
が、反面、社長となる人はある種同じ気質を備えているので(自分で決断したがるなど)、かなり強いアドバイス(命令)をもらってしまうと、素直に受け入れられないこともある(笑)

また、一部の中小企業の経営者は税理士さんに相談したりしている。

当初社長になりたての私は、それってなんか変だなあと思っていた。税理士さんは税の専門家であって、なんで経営のことを相談するんだろうと思っていたのだ。それだったら、コンサルタントを頼ったり、同じ立場の経営者にアドバイスを求めたらよいのにと思っていたのだ。

しかし、社長業をしばらくしてわかったことは、多くの経営者はアドバイスを探しているのでないことだ。
1人で決断をする上で、背中を押してくれる人を探しているのだ。
そういう意味では、社長と直接やりとりすることが多い税理士は、経営者の聞き役(愚痴も含めて)にぴったりかもしれない。

もっとも私の場合は社外取締役に相談することが一番多い。
起業当初、社外取締役の一人が、「経営者は孤独だけど、大里さんには私たちがいるのよ!」と言われたことを大変嬉しく思い、今でも心強く思っている。

と、今日はアークコミュニケーションズの社外取締役自慢などをしてみた。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する