オルタナティブ・ブログ > Mostly Harmless >

IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

AIに仕事を奪われないために、私たちにできる唯一のこと

»

最近では少なくなってきたように思いますが、未だに「AIに仕事が奪われる」「AIで仕事が無くなる」という恐れを持っている人は残っているようです。しかし、前にも書きましたが、仕事は無くなるわけでは無く、「変わる」だけなのではないでしょうか。そして、「変わる」仕事に対応するために必要なことさえ行っておけば、恐れることは何も無いのです。少し前のものですが、こんなコラムが目にとまりました。

長年ゴールドマン・サックスで働いてきた私が、ウォール街で生き残るためにオタクになったワケ

このコラムの著者は、長年ウォール街の証券会社でセールスとして働いてきた方ですが、AIの台頭を目の当たりにし、悩んだ末に先頃フィンテック企業に転職し、今ではウォール街へのAI導入を進めているということです。フィンテック企業の人たちを「オタク」と呼んでいるわけですね。転職した理由は「破壊される側よりも、破壊する側の方が良い」と考えたからだそうです。

kabu_chart_man_happy.png先にネタばらししてしまいますが、このコラムは以下のように締めくくられています。

だが最も重要なことは、今、求められている人材は、過去のやり方を捨て、新しい方法を学び続ける、経験豊富なプロフェッショナルだということ。

今日のブログのタイトルへの答えはここに書いてあります。「学び続ける」こと。これが私たちにできる唯一のことなのではないでしょうか。

また、コラムでは「今、求められている人材」について

クオンツ、ストラテジスト、プログラマー。好奇心を持って体験と顧客との関係を結び付けられる人、変化を積極的に受け入れられる人。

とも書いています。ここで大事なのは「変化を積極的に受け入れられる人」というところでしょう。

人の重要性は変わらない

このコラムで最も注目すべきなのは、以下の部分です。著者は「セールス部門とトレーディング部門で「伝統的」な仕事に就いている友人と元同僚に伝えたいこと」として、以下の様に書いています。

AIの急激な普及によって、セールス部門とトレーディング部門で働いている人の重要性は高まることはあっても、低くなることはない。

そう、人間が不要になることは無いのです。ただし、条件があります。それが上に書いた「変化を積極的に受け入れ」て「学び続ける」ことです。これを「状況に合わせて変わり続けること」と言い換えても良いかも知れません。

「変わり続けるプロフェッショナル」こそが求められている

その前提が、先に引用した「経験豊富なプロフェッショナル」という部分です。仕事に精通し、創造性を備えていれば、AIが進化して仕事の一部が置き換えられたとしても、学習によって新たなスキルを得、仕事の領域を拡大することができます。単純作業はAIに譲り、(人間にしかできない)新たな地平を切り開いて行くことができれば、AIの進化など恐れるに足らない、ということなのではないでしょうか。

AIはひょっとすると産業革命に匹敵する革新的なテクノロジーなのかもしれず、これによって社会や人間が影響を受けないはずはありません。多くの人に様々な影響を与えるでしょうが、社会全体で見ればそれは「良い方向」なのだろうと思います。そして、社会が良い方向に変わるのであれば、人間生活もまた、良い方向に向かうのでしょう。進化を止めることはできないのです。

AIは怖くない ~仕組みと限界を知って、AIを使いこなせるようになりましょう~

AIを必要以上に恐れるのも、軽視するのも、正しい姿勢とは言えません。AIの仕組みと限界を知れば、自ずと活用範囲、人間との棲み分けがわかるようになります。そのためには、ニューラルネットの基礎から機械学習・ディープラーニングの歴史、基礎を学ぶ必要があります。アプライドマーケティングでは、豊富な図表とわかりやすい解説により、AIの基礎をわかりやすく解説するセミナーを企業様向けに行っております。是非お気軽にお問い合わせ下さい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する