オルタナティブ・ブログ > ヨロズIT善問答 >

30年に渡って関わってきた米国のITの出来事、人物、技術について語る。

米国の会社はどれだけのサーバを所有しているか

»

2週間前のブログで予告したクラウドのパネルだが、AccentureIntel、元VMWareのクラウドの専門家を迎えてまずまずのできだったと思う。その内容は今後日本語と英語のブログで発表の予定だが、それまで待てない方は、ここのサイトでビデオとオーディオにアクセスが可能。 

今回はdatacenterknowledge.comというデータセンターに特化したブログを書いているRich Miller氏の興味深いブログから話題を拾ってみた。Miller氏とは年に3回、データセンターのコンファレンスで顔を合わすが、よくこんなことを知っているなあというくらいの情報通だ。どの会社がどれだけサーバを所有しているかという情報は皆の興味のあるところだが、どこもあまり公にしたがらない。以下の表はMiller氏からの情報による。ただ情報が若干古いので(1年半前)、多分どこももっと増えていると推測される。Google100万を超えたかもしれない。

                                                                                                                                   
 

会社名

 
 

サーバ数

 
 

備考

 
 

Intel

 
 

10

 
 

会社発表による

 
 

OVH

 
 

8

 
 

会社発表による

 
 

Softlayer

 
 

7.6

 
 

会社発表による

 
 

Akamai   Technologies

 
 

7.3

 
 

会社発表による

 
 

1&1   Internet

 
 

7

 
 

会社発表による

 
 

Facebook

 
 

6

 
 

Miller氏による

 
 

Rackspace

 
 

6.4

 
 

会社発表による

 
 

iWeb

 
 

3.5

 
 

会社発表による

 
 

SBC   Communications

 
 

2.9

 
 

Netcraft社による

 
 

Verizon

 
 

2.6

 
 

Netcraft社による

 
 

Time   Warner Cable

 
 

2.5

 
 

Netcraft社による

 
 

ATT

 
 

2

 
 

Netcraft社による

 
 

Peer1/ServerBeach

 
 

1

 
 

会社発表による

 
 

Google

 
 

45万以上

 
 

3年前のデータ、現在はもっと多いと予想される

 
 

MS

 
 

22万以上

 
 

2年前のデータ、現在はもっと多いと予想される。最新のデータセンターだけで30万収納可能

 
 

Amazon

 
 

4万以上

 
 

これはEC2用のみ

 
 

eBay

 
 

5万程度

 
 

予想

 
 

Yahoo

 
 

5万程度

 
 

予想

 
 

GoDaddy

 
 

7万程度

 
 

ドメインの登録会社

 
 

HP

 
 

38万程度

 
 

会社発表による

 
 

IBM

 
 

正確な数は不明

 
 

データセンター全スペースは74万平米と言われる

 

ところで、日本の会社のサーバ所有データはどこかにあるのだろうか。データセンターの管理となるとこういった大きな会社の話がベースになるのだが、スケールがもっと小さいデータセンターの参考になるのだろうかと時々思う。

サーバの数が多いと、サーバの電力消費や発熱が問題となる。電力消費量を削減できれば、1台当たりの削減量が小さくても全体としては大きな削減となる。それに、消費電力が少ないと一般的に発熱も少ない。最近はサーバの設計や使用する要素で発熱をかなり抑えられるという報告もあり、冷却よりそちらの方が先であるような気がしてならない。そういう報告を1028日に日本データセンター協会サーバ ベンダーのNECの発表で聞いた。 データセンターの熱対策は、冷却とIT機器の発熱の両方向から攻めていくのが有効だろう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する