オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

上級『Standard PHP Library(SPL) ArrayObjectクラス編』(PHP上級試験対策)

»

PHP技術者認定機構の吉政でございます。

PHP技術者認定機構の認定スクールであるヒューマンリソシアが

私が企画した、古庄親方のPHPコラム『Standard PHP Library(SPL) ArrayObjectクラス編』を公開しています。

今回の古庄親方による上級PHPコラムは「ArrayObjectクラス」自体を解説いただきました。興味がある方は以下の本文をご覧ください。

###
前回は「ArrayIteratorつながりとしてのArrayObjectクラス」を紹介していきました。
ただ、ArrayObjectクラスはそれ以外にも色々なメソッドをもっているので、少し「ArrayObjectクラス」自体を、今回は紹介していきましょう。

まず、ArrayObjectクラスは「配列と同じように」使えます。

<?php
$awk = [0,1,2,3,4];
$obj = new ArrayObject($awk);
var_dump($obj);
var_dump($obj[2]);

コンストラクタに配列を渡すと、同じように動きます。
これだけだと「配列と何が違うんだろう?」となるのですが。配列は代入演算子=によって「値がcopyされる」のに対して、ArrayObjectクラスはクラスなので、代入演算子=で「参照」がcopyされます。
以下のコードを動かしてみると、状況がわかるでしょう。

<?php
// 値(配列/インスタンス)を作成
$awk = [0,1,2,3,4];
$obj = new ArrayObject($awk);
// 値を代入演算子でcopy
$awk2 = $awk;
$obj2 = $obj;
// 片方だけに値を追加してみる
$awk2[] = 5;
$obj2[] = 5;
// 結果を見る
debug_zval_dump($awk);
debug_zval_dump($awk2);
debug_zval_dump($obj);
debug_zval_dump($obj2);

また、ArrayObjectクラスはコンストラクタの引数として「インスタンス」を与える事もできます。
以下のコードを動かして、どんな事が起きるか試してみましょう。
(この続きは以下のコラム本文をご覧ください)
http://resocia.jp/column/368/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する