オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

満月過ぎの蟹のようなWebサイトが増えている

»

googleの検索結果一覧からはついクリックしてしまうのに、開いてみるとまったく意味のないページであることが多くなってきました。うまい例が思い浮かばず伝わるか心配ですが、オールアバウトの劣化コピーのようなサイトです。満月過ぎの蟹のようなWebサイト、すなわち開けてみると中身がスカスカと呼びたいところですが呼びづらいので便宜的にスポンジWebサイトと呼びます。

過去にも腹立たしいサイトは数多く存在しました。関係していそうな言葉を様々に散りばめたワードサラダでは意味不明な文章になるため、検索結果一覧で見抜くことができました。他のブログのデッドコピーはおそらくgoogleによる対策が行われたためかあまり見かけません。アフィリエイトリンクだけを集めたサイトもすっかり見なくなったように思います。

スポンジWebサイトはこれらと違い、パッと見では内容があるように見えますし鬱陶しいバナー等もありません。しかし読んでいくとその内容の無さに「いらっ」と来ることになります。いざこうして探そうとするとなかなか見つからないのですが、なんとか見つけたのはこちらのサイトです。

一人暮らしのコツ
http://www.hitorikurashi.net/

このサイトは一見してほとんど広告らしい広告がありません。私のブラウザで表示した時点では右側に無印良品へのリンクがあります。内容も一人暮らしのコツですのでただのリンクのように見えますが、URLはこのサイトのドメインとなっています。クリックしてみると、通常のブラウザではそのまま無印良品のサイトが表示されます。しかしFirefoxのアドオンであるRequestPolicy等を導入していた場合、リンククリック時に広告サイトへのリクエストが実行されていることがわかります。

このようなサイトはまったく内容がないわけではないものの、ソースがなく最新と思えるような保証がありません。そのためクリックしても役に立たず、時間の無駄に終わることが多いように思います。

『手続き・届出110』
http://tt110.net/index.htm

このようなサイトもありました。

しかしながらgoogleの検索結果から見る一部分の文章はしっかりとしており、ついその内容を確認してみたくなります。

『自賠責保険』
http://jibai.exblog.jp/

これも同類ですね。ブログタイプの場合、一時期に集中して記事が投稿されることは少ないようです。一見してまじめなサイトに見えるよう、数年に渡って記事が分散投稿されます。

人間の能力というのはすごいもので、いくつか見ているとクリックする前に何かを感じることができるようになるものです。

  1. 検索キーワードを意識した直球のタイトル
  2. わかりやすい英単語またはローマ字による直球のURL
  3. サイトのサマリ文がgoogleの検索結果一覧に表示される100字強にぴったり治まりすぎる
  4. サイトのサマリ文が「詳しく解説します」とか「まとめています」のような呼び込み口調になっている
  5. 口語表現や打ち間違いがない

これらが当てはまる場合は、スポンジWebサイトと呼べます。おそらくはインターネットヘビーユーザというよりもたまにしかネットを使わない人をピンポイントに釣り上げるものと思います。そういった利用者はだいたいが調べ物、それも身の回りのことを調べるということが多いですので上にあげたようなところで待ち受ける形になっているのでしょう。同一サイト内でのクリック数を増やすために細かいページにいくつも分割されているのも特徴的です。(そしてイライラします)

『骨折治療ガイド』
http://www.snowwhite-village.jp/bone/

『骨折したときは』
http://www.cnstk.com/

こういったサイトは一旦はクリックされてしまうために表示位置も良く人目につきやすい状況です。かといって何か価値を果たしているかというとあまりそういうわけでもなく、個人的には目に付かないよう検索エンジン側で対処されて欲しいなと思います。

Comment(5)

コメント

ひろ

お邪魔します。
こういうサイトってダメなんでしょうか?確かに、何やらのっぺらぼうな感じの気持ち悪さはありますが、事実関係に間違いさえなければ、そんなに悪いものでもないような気もします。
こういうサイトはどういう方がどういう目的で作っているのか、教えていただけたら幸いです。リンクバナーをクリックするとブログ主にいくばくかの対価が支払われるのでしょうか。

ひろさん、コメントありがとうございます。
インターネットは誰のものでもありませんのでこういうサイトがダメとはまったく思いません。もっと直接的に「アフィリエイトのみ」のサイトがあることもインターネットらしい姿であるように思います。

>「リンクバナーをクリックするとブログ主にいくばくかの対価が支払われるのでしょうか。」
については、サイトの性格によります。ブログ主への対価がないものとしては、情報発信だけを目的とした広告なしのサイトや、同じく情報発信を目的としているがブログサービスの運営事業者が広告を挿入しているサイトもあります。
対価があるものとしては、餌となるコンテンツを置いて広告を置くケースです。今回のエントリで問題に感じているのは「餌となるコンテンツ」の部分です。ひろさんのおっしゃるとおり事実関係に相違がなければいいのですが、事実関係がおかしいまま掲載してメンテナンスしていない可能性があります。また、広告もそれとわからないように設置されていることがあります。事実9割に誇張を1割り入れて、事実部分のコンテンツに興味を持った人に「という方はこの商品を買う必要があります」という誇張を信じこませることもできるでしょう。健康関係の情報で発見しましたが、私自身はそれを「誇張である」と感じるものの証明はできませんので掲載しませんでした。

チョロ吉

こんにちは。
他サイトの批判は、そのサイトの宣伝にしかならないと思います。
いらいらするのであれば、エントリーとして上げなければよいと思います。

のら

まさしくスポンジ記事。

mak

ちょっと面白いですね。業務用ページの一部じゃなさそうだし、アフィ目的でも大して儲かりそうもないし、
じゃあ個人の趣味的ページかというとそれにしては無味乾燥過ぎで、そういうページにある、ある種の「ヘンな」熱を感じない。
デッドコピーサイトと同じ臭いを感じます。
ただ、どこがどう違うのと言われるとね…。作ってる人の感性が変わってたり稚拙だったり練習段階だったりした場合、似た雰囲気になるかもしれない。
こういうのを検索エンジンで弾くべきか?(コンテンツは無味乾燥、ページ細切れ、検索エンジンでのサマリ表示等には最適化されてる等)うーん。
これらに狙いがあり、弊害があるなら考える、でいいのでは?
内容の正誤については、また別問題かな。


個人的には手堅い需要のあるコンテンツのポータル狙い?と一瞬思いましたが、allabout、ウィキペ、QAサイトには勝てないでしょうね。なので意図がますます分かりませんね。

コメントを投稿する