オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

『ドジっ娘リーダー奮闘記』とチリの落盤事故からリーダーシップについて思う

»

小俣さんより『ドジっ娘リーダー奮闘記』をいただきました!

『Amazon.co.jp: ドジっ娘(こ)リーダー奮闘記: 小俣 光之, 鈴木 麻紀: 本』 http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%B8%E3%81%A3%E5%A8%98-%E3%81%93-%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E5%A5%AE%E9%97%98%E8%A8%98-%E5%B0%8F%E4%BF%A3-%E5%85%89%E4%B9%8B/dp/4798026530

以前のオルタナミーティングである方と話したのですが、リーダーとは誰かと誰かが出くわしたときに

「ああもうこの人に従おう(自分でやるよりうまくいきそうだしorめんどくさいしor自分を引き上げてくれそうだしetc)」

と思わせる資質を多く持っている人のことではないかと思います。ですのでふたりのリーダーがいてどちらを本リーダーにしよう、というときはふたりで一緒に仕事をさせると徐々にどちらがリーダーかみえてくるのではないかと思います。

『ドジっ娘リーダー奮闘記』では主人公のしんこちゃんが様々な経験を通じて立派なリーダーになっていきます。私は↑のような考えを持っていますので、しんこちゃんがまだしっかりしない最初のほうでも「ああ、こういう人がリーダーなんだよな」と感じていました。

しんこちゃんは当初リーダーとして必要とされるスキルをどれほど多く身につけているわけではありませんでした。しかしリーダー精神にあふれる人物だからこそ、日々の色々な出来事を通じてリーダースキルを身につけていくことができたのでしょう。

話は変わりますが、チリの落盤事故で地下に4ヶ月閉じ込められることになった33人の方には素晴らしいリーダーがおられるようです。食料を配分したり、寝る場所やトイレにする場所を決めたりと、その活躍が伝えられています。もう3週間が経ちますが、誰もそんなに長期間地下に閉じ込められたことなどありません。そういった環境でリーダーをするのは本当に難しいことでしょう。成功だけでなく、失敗することもあるかもしれません。

例えば今回助けが入ったことで「あんなにひもじい思いをして缶詰を節約する必要なんてなかった」と後出しジャンケンをする人が出てくる可能性もあります。そういった失敗まで含めて引き取れる懐の深さも備えたリーダーなのではないかと勝手に想像しています。

もししんこちゃんと一緒に落盤事故にあってしまったとしたら、やはりしんこちゃんに従うんじゃないかな、ニュースを聞きながらそんな風に思いました。関係者の方が無事生還されますように。

Comment(6)

コメント

山口さん、ドジっ娘リーダーを読んでくださってありがとうございます。

わたしは今、「東京島」という小説を読んでおりましてね。無人島に漂着した男数十人と女一人がアジャウジャしながら生きていく話しです。そして、山口さんが以前ブログで紹介された「無人島で生きる16人」の話を思い出し、優れたリーダーがいればどんな苦しい状況でも人は人でいられるのだなあと思いました。サバイバル状況では、役割としてリーダーになった人ではなく真のリーダーが台頭していく様は、楳図かずおさんの「漂流教室」にも書かれていたなあと思い出しました。

事故にあわれた皆さんが、リーダーのもと希望を持って生き抜いてくれますように。

ばんちょ~、コメントありがとうございます。
「東京島」おもしろそうですね。私も無人島で生きる16人のことを思い出してパラパラと読んでしまいました。「無人島で~」を読み返して思ったことは、脱出できてよかったねというだけでなくて遭難中にも自身を成長させるための努力を続けていたことです。チリの方もそれぞれに何かすごい経験をされることですから、無事脱出されたら書籍なり講演なりでそのおすそ分けをいただきたいものです。

山口さん、ドジっ娘リーダー奮闘記の紹介ありがとうございます!
リーダーとは、個人的な利害より、チーム全体のことを考えて行動できる人、という感じですかねぇ。
メンバーの手柄を自分の手柄にしてしまう人や、失敗をメンバーに押しつけるような人では駄目なんですよね。

社内のMBAの人が社員教育の時に、「LOST」を題材に、クリティカルシンキングの課題をやったことがありました。無人島モノは15少年漂流記をはじめ、リーダーシップやチームワークの良い課題になりますね。

小俣さん、コメント&プレゼントありがとうございます。
失敗をかばってくれるリーダーにはやはり報いたくなりますね。一見ごく普通の仕事でも、その後の大事な工程につながっていることなど説明して「手柄」として動機づけしてくれる人もまたいいですね。
ペルーの件では残る期間を円滑に過ごすために役割分担を決めて仕事をしながら救出を待つそうですね。リーダーが上から抑えつけるだけでなく、あらゆるメンバーがそれぞれに何か専門的な仕事を通じて全体を支えるという関係性は色々な場面に共通する人間関係の秘訣なのかもしれません。

山口さん、ドジっ娘リーダー奮闘記の紹介ありがとうございます!
医者さんですか?電子カルテについての交流、これから、よろしくね

山口さん、ドジっ娘リーダー奮闘記の紹介ありがとうございます!
医者さんですか?電子カルテについての交流、これから、よろしくね

コメントを投稿する