オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

休日分散化よりも昼寝の義務化

»

今日、東京メトロで「眠くて」という理由でドアを開け忘れるという出来事があったそうです。報道によると22時30分まで勤務して翌日は5時30分から乗務したということで、電車の運転士さんの感覚だとどうなのかは存じませんが、自分の感覚からすると眠くなるのも仕方ないような気もします。

誠ブログで樋口健夫さんの「ねむけおばけ」に関するエントリを読みました。長距離バスの事故が相次ぐ中で、眠くなるのはしかたないとする考えはもっともに感じます。

私自身の経験だと一番危ないと思ったのは高速道路でバイクに乗っていたときに寝そうになったこと。3秒くらい意識が飛んだと思ったら車線の真ん中を走っていたはずが車線付近まで横移動していて肝を冷やしました。それでも次のパーキングエリアに着くまではスッキリ目覚めた感じでなく、やっとバイクを止めたところで恐ろしさでハッキリと目が醒めました。

さてこの「眠さ」ですが、メカニズムがよくわかってない部分が多いと言われています。打ち合わせ等で眠そうにしている人を見ると「だらしない」とか「やる気がない」とか思ってしまいがちです。しかし「ねむけおばけ」についての↑のエントリを読んでいると、それはひょっとして間違っているのかもしれないとも思います。

確かにおもしろくないときに眠気を感じることは多いですが、それでは精神力だけで眠気を完全に吹き飛ばせるかと言うとそうでもないように思います。もちろん前後の睡眠時間をやりくりして昼間に眠気が来ないようにする努力はあってしかるべきと思いますが、お腹がなったりお腹が空いたりするのを完全にコントロールするのを難しいように、眠くなるのはコントロールできないものであるという共有意識ができると暮らしやすい世の中になるのではないかと思います。

また、背の高さや顔つきに個人差のあるように、睡眠時間や昼間の眠気の個人差も大きいのかもしれません。「だらしない」と思われないためにほとんど意識を飛ばしつつなんとか起きている1時間よりも、15分休憩して45分元気に働いたほうが良いはずです。

しかし現実的には真剣な仕事をしている時に「眠いからちょっと待って」と言える社会というのはなかなか難しそうです。そこで「休日分散化」よりも「午睡義務化」なんていうのを検討するのはどうでしょうか。それはそれで分散化しないといけなそうですね。

Comment(4)

コメント

一番恐いのは、睡眠習慣(リズムや睡眠時間など)が悪くなっているのに、自覚できないまま日常生活や仕事をすることだと思います。JR東海では、今年春から乗務員に睡眠日誌をつけさせて、自分の睡眠を自覚してもらう睡眠自己管理プログラムを導入しています。他の安全に関わる業務の人もこのようなシステムで自覚してもらうことが一番ではないでしょうか。昼寝の効果ありますが、不規則勤務の人の仮眠のタイミングはなかなか難しいところがあります。

のるさん、コメントありがとうございます。
睡眠自己管理プログラムは存じませんでした。大変興味深く拝見しました。情報システムの運用でも危険性が高いものもあり、見習うべきところは多いように思います。
iPhoneのような端末で寝相を監視して眠りの浅いときに起こすという快眠アプリ「Sleep Cycle 」というのがあります。もっと専門家を大量投入してアプローチする価値があるのではないかと思いました。大変参考になる情報をいただきありがとうございました。

Sleep Cycleは睡眠を少し知っている人は使いません(笑)
睡眠脳波を計測してもなかなかREM睡眠や起床タイミングをつかむことが専門家でも不可能なのに、体動だけで可能になることはないということです。何となくリズムらしきものが見えてくるので信用してしまうようですが・・ 同様にタニタの布団のしたにひくSleepScanというのも自分でも評価していますが、実際の睡眠とかけ離れているような気がします。なかなか比較・定量化しにくいのですが・・ 自分の睡眠を知ろうという試みは今後増えていくだろうなと思っていますが、いかに信頼性のある計測ができるかが大きな課題だとは思っています。

身の回りで「効く」という人と「効かない」という人と真っ二つだったのですが、プロの方からそう言われると使わないでおこうと思ってしまいますね(笑)iphoneでできるのは睡眠時無呼吸症候群のイビキ監視くらいでしょうか。
以前にどこかで起きる少し前に部屋を明るくすると寝起きが良くなるということを聞いてテレビのタイマーを使って起きていたことがありました。iPhone4のフラッシュ機能を使って何かできるかもしれないですね。
オフトピですが子どもが6ヶ月になるまでは呼吸監視の「ベビーセンス」という機器で新生児突然死症候群を予防していたことを思い出しました。

コメントを投稿する