オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

GIGAZINEの記事を読んで考えたこと:あなたの給料の半分でいいので働かせてください。

»

私は今、それなりにクリエイティブなというか、特殊な仕事をしていると思います。しかしそれはこれまでに多くの投資を受けたからであって、これまでの人生で得た何か特殊な才能(音感とか筋力とか)を活用した仕事ではありません。

何もへりくだっているわけではなく、世の中の多くの仕事は同じようなものでしょう。そういった仕事をしている人に対して「あなたがもらっている給料の半分でいいので働かせてください」というライバルが現れたらどうなってしまうんでしょうか。今のところは給料ダンピングというのはサラリーマンの世界に浸透していないように思いますが、派遣労働者の場合ですと珍しくない状況のようです。

企業はチャレンジャーを育てるまでにかかるコストおよび育つかどうかのリスクを踏まえた上で給料が半分になるとどうかというところを評価するでしょう。

GIGAZINEさんは、それと反対に「仕事も給料もそのまま。やりたい人間は来い」と言っているように見受けられます。これに対して呼応する人が集まれば、GIGAZINEさんには魅力があったと言えます。仕事の魅力、給料の魅力、スキルの魅力などなど総合的に判断し募集者が手を上げることでしょう。

しかしその一方で、今の社員の方が「やめたい」とか「やめる」というのは仕事に対して給料が見合っていないと感じるからなのではないかと予想されます。その「見合い」度合いというのはおそらくは相場観があるはずで、身の回りの労働者の労働の強度と給料を見比べて「うちの職場はおかしい」と思ったということでしょう。

何十年も前の閉じた社会でなく(匿名の投稿では悪い部分が拡大されがちとはいえ)インターネットを見ればだいたいのことはわかるわけですので、「やめたい」とか「やめる」という社員の不満が現れるということは給料が安いか、仕事がつまらないか、いたずらに年を重ねつぶしの効かない自分になっていくことへの不安を感じているか、あたりのいずれかではないかと思います。

もし魅力的な職場であれば「雇用主さま、もっと安い給料でもいいから雇ってください」ということも言えるはずです。

が、ここまでで多くの方が「そんなわけねーだろ」と感じておられるかと思いますが、現実世界の正社員採用で面接官に「いやーうちはJAVAの人材は余っててねー」と言われて「給料安くてもいいから働かせてください」という人は珍しいように思います。多くの人はその会社を諦めて違うところにトライするといったことになっていないでしょうか。一方で一旦採用された人が、クビにならないように「給料安くてもいいから」という話は聞いたことがあります。定年再雇用で給料が下がるというのはごく普通に行われていることでもあります。

日本では一旦就職するとなかなかその座を追われることがないので、入るときにはできるだけ条件を緩めずに頑張る傾向があるように思います。その一方で、一旦クビになると非常にしんどいので「なんでもやります」といって正社員の座を維持し続けるのでしょう。

そういうわけで一旦正社員になった人に対しては「半分の給料でいいです。あの人と同じ仕事がんばります。」と追い落とす人はなかなか現れません。社員が「今の仕事、条件が悪いなー」と感じてしまうのはこういったプレッシャーが身近ではないからだと思います。

ヤフーオークション等で「GIGAZINEで働いてもいいと思う給料」の逆オークションなどしてみたら「えっこんな給料でも働きたいっていう人が●●人もいるの?」とちょっと違った気持ちになるかもしれません。

私としては、GIGAZINEさんとは逆に「絶対にプライベートに干渉させずに仕事だけを可能な限り分離独立させる働き方」を求める人だけを集めるといったらそっちへの「やる気」が相当にあふれた人が多く集まって良い組織が作れるのではないかと思います。長期的に維持可能かどうかはわかりませんが。

あと、プライベートを巻き込んで仕事したいと思わせるならば、例えば家族や健康の問題が発生した際に「会社」のリソースで全面的に支援することを実績で見せない限りは誰も付いていかないと思います。

Comment(8)

コメント

TEN

標題に釣られてしまいました。(苦笑)

実際にGIGAZINEの職場にどれくらいの魅力があるのかということは分かりませんが、社員にとって「GIGAZINEだから働きたい」という価値はあったんでしょうか。
「ニュースサイトで記事を書くというのは、普通の労働とは絶対に違うのだ!」というのも、ちょっと首を傾げたくなる言葉でして。

自分は経験したことが無いのですが、全社員の価値観が一致している職場というのはあるものなんでしょうか。

一応、自分はプライベートと仕事を分けることでモチベーションを上げているので、分けて考える職場のほうが好みです。

TENさん、コメントありがとうございます。
仕事というのも人と人との出会いですので、TENさんがおかしく思う職場にもぴったりとはまることがあるかもしれません。
キャラクターの強い編集長がそれをベールにつつんで募集を行ない、ミスマッチを起こすよりは最初から前面に押し出して選抜したほうが互いのメリットになるように思います。応募がたくさん来れば、ですが(笑)

「雑談」ですので私も思いつくままにコメントさせて頂きます。
Gigazine さんの求職ですが、私は魅力を感じました。ただそれはGigazineだから、ではなく、「これだけ明確なビジョンと要求を持ちそれを実効するリーダの下で働ける」という魅力でした。このふたつをきちんと示し、かつ有言実行できる上司は少数派だとおもいます。
全社員の価値観が一致することなんてあり得ませんが(それは洗脳です)、ある一点に関する限り一致させることは可能なはずですし、それが「強い組織」の必要要件だと思います。例えば、いまや世界的な言葉になった「カイゼン」も生産現場におけるひとつのイズムだと言えます。この価値観を共有出来ない工員はー職場に居所がないですね。そう考えれば、Gigazineの件は、言葉こそキャッチャーですが、それほど特別な内容だとは思いません。
「他の仕事とは違うんだ」というくだりに反感をもたれる方が少なくないようですが、私はあまり違和感を感じませんでした。単に「いわれた内容をテンプレ的に記事にしていたのでは駄目だ」「常に時代の先端を走るクリエイティブなメディアなんだ」という自負と目的意識がそう言わせたのでは?実際に「違う」かはさておくとしても、本人たちがそうした志とプライドをもって仕事ができるのは素晴らしいことではないかとおもいます。
あと最後の【プライベートを巻き込んで仕事したいと思わせるならば、例えば家族や健康の問題が発生した際に「会社」のリソースで全面的に支援することを実績で見せない限りは誰も付いていかない】は?です。「全面的支援」の程度しだいですが、私自身はあまりそこにはこだわらないですね…。変に手厚く支援されるより、その分も給与に折り込んで欲しい。そのほうが、お互い緊張感のある関係でいられます。

中村さん、コメントありがとうございます。
不透明な時代、こうしたリーダーがいる組織は魅力的に移りますね。上で私が書いたコメントとまた同じような内容になってしまいますが、中村さんのおっしゃる「価値観が一致」する組織を作るためにはそれぞれの価値観がはっきりしていることが前提と思います。それぞれが腹に真意を抱えつつ表層的につきあって「和」をかもし出すなんてまっぴらと思います。
エントリ本文の最後に私が書いた部分ですが、確かに普段の給与に織り込んでおいてもらうというのもあるかもしれないですね。Gigazineさんの「プライベートと仕事の融合」のような部分に触発されて、それならプライベートを支えてくれたら仕事がんばりたくなるのでは?という思いからこのように書きました。私はどっちかを選べといわれれば普段は薄くてもいいのでいざというときに助けてもらいたいと思っています。この部分については選べるよりも同じ思想の社員同士が集まったほうが良い組織になりそうだな、と今思いました。

山口様、はじめまして。私は独立して4年になるエンジニアです。
独立する前から感じていたのは、「優秀な社員ほど企業から搾取されている」ということです。皆様は独立というと「10年以上継続できる会社は1割もないよね」といった悲観論者が多いのですが、私は独立してみてこのような悲観論は必ずしもあてはまらない、ということを実感しています。ちょっとした考え方や行動を変えるだけで、結果が多きく変わってくるのです。このことから、もっとエンジニアの成功事例をより多く排出するための活動を行っています。

平城さま、コメントありがとうございます。
大きな会社、小さいな会社、それぞれに組織としてのオーバーヘッドというか、「搾取」が生じるのは事実と思います。一方で私は異動する前にとても個人レベルでは担当できないであろう規模の仕事に携わる経験がありました。できあがるものが「エジプトのピラミッド」であれば、たとえ本人の担う仕事は石に綱つけて引っ張るような仕事だとしても意義を感じられるのかもしれません。
反対に、個人レベルでも素晴らしい仕事をすれば百年や千年の時間を超えて博物館に展示されるものもありますね。そういった実力を持つ人が組織の中で埋没してしまうことのもったいなさを思えば、平城さまのされているようなご活動は大切なものであるように思いました。今後ともよろしくお願いいたします。

山口様、確かに、数百人以上といった大規模なプロジェクトに関わると、考え方が変わりますよね。
私が独立する前に所属していたA社でも、そのようなプロジェクトを手がける会社でした。
社員も大変優秀な人間が揃っていましたが、意外と独立に関心のある人間は少なかったように思います。
私は独立して仕事もプライベートも充実しましたので、大変もったいないと思います。A社では、あまりにもハードなため、家庭崩壊している者も少なくなかったものですので。

平城さま、コメントありがとうございます。
大規模なフォーメーションになるとどうしても出てしまうんですよね。家庭崩壊してしまう方とか体調崩壊してしまう方とか。
コメントいただいて気づいたのですが、やはり大きな仕事には大きな仕事なりの達成感とか「選ばれた人」感があるように思います。そこからはずれてしまうことはもったいないことであり、100%を超える部分までがんばってしまいがちなのかもしれません。大企業志向というか。
小規模システムであれ、独立企業であれ、それぞれに良さがあることに目を向けられず、大企業に居続けることや大規模システムの携わり続けること=「勝ち組」というような思考パターンが、その頑張りすぎの一因になっているような気がします。

コメントを投稿する