オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

1億4000万円が妥当だと言う気は無いけど、政府機関のホームページを数十万円程度で作ろうって思うのはどうかと思う

»

長年自民党が政権与党だった時代は野党側からこういう突っ込みがあって、なんて表面的なところで話しが進むのだろう…と思ったことが何回かありましたが、与野党逆転で今度は自民党の側からこういう突っ込みが行われるようになっているのですね…

Yahoo!のトップにも昨日数時間掲載されていたのでご存知の方も多いかと思いますが、

自民党の茂木政調会長が環境省の外局として12年度に新設される原子力安全庁のホームページ(HP)作成費1億4000万円、法務省の衛星携帯電話購入費(1274台分)4億7600万円の2件。衛星携帯電話は平岡法相が、電池パック込みで1台34万6500円、通信1回線約5000円が過大な予算計上であると指摘

で、茂木氏が示した価格比較が凄くて、

  • 「ホームページは数十万円程度で開設できる」
  • 「携帯電話はスマートフォンの最新機種でも4万6000円」

などと主張して予算額が「高すぎる」と批判したんだそうです。

衆院予算委員会という場でどこまで細かい話ができるものはわたしは理解してませんけど、政府機関のホームページとしては「ホームページは数十万円程度で開設できる」ってそれちょっとしたキャンペーンサイトとか立ち上げるのとはレベルが違うのではないですか?と思う訳です。

「作成」という言葉の定義が明確ではない点で的外れな指摘になる可能性はあるのですけど、そのほかにも、衛星携帯電話ってそもそも携帯電話の基地局が利用できない時でも通話可能な事が導入理由であれば、比較対象としてスマートフォンをもってくる自体がナンセンスな話しではないかと、

予算が適正かどうかは別として、プロジェクトの規模によってマネジメントする人材の人件費が月額相当な金額に到達する案件はそれなりに存在しますし、この手の案件では入札資格にしたってランクが一番高いような設定ならそれなりの企業・事業規模が要求され、それらの企業規模で妥当とされる価格設定は安価なレベルとは言えず、そのほか調達するハードウエアの値段、データベースや検索アプライアンスなどのライセンス費用、そのサイトの個別要件において構築するシステムの内容などなど、ホームページの見た目としてhtmlを作成するとか、CMSにコンテンツ投入する以外のところでお金を掛けようと思えば億単位の構築費用を必要とするホームページが無いのか?といわれれば、そういう投資がされているホームページは有るよね、、、ってオルタナにご訪問いただいている読者の方々であれば、こういう説明をせずともご理解いただける方も多いかと思います。

こういう多くの国民の目に触れる場で、政府機関のホームページが数十万円程度で開設できるみたいな話しをされちゃうと、「ああ、そのくらいの値段で出来るのね」と思ってしまう方や、相場の設定としてこの「数十万円程度」が独り歩きされるのは勘弁してほしいなと思う訳で、

無料で開設できるホームページやブログ、無料のメールに、TwitterなりFacebookにしたって無料で利用できるんだし、なんでhtml作るのにそんなにお金払う必要があるの?という考え方が出てきてもそれはそれで致し方ないとは思うのですが、

今回のニュースで取り上げられた作成費1億4000万円が何をもって過大とするのか?という点はもう少し突っ込み方としては緻密な方策とれなかったのか…と、更に疑問なのは

ただ、党の賛成方針を踏まえて予算案の修正は求めず、「全額使わなければよい」と注文した。

全額使わなければって1円残っても残ったという話は出来るわけで、ここの議論の本質的な意味合いってなんなのだろう…って思ったりしつつ、世の中どんどん専門性が高まっているなかで、国会議員という人を通じて議論されることの難しさや限界を感じたニュースでした。

Comment(12)

コメント

「原子力安全庁のホームページ(HP)作成費1億4000万円」、これはおそらく、「原子力安全庁のindex.html(ヒューレットパッカード社)作成費1億4000万円」という意味ではないかと(笑)。HTMLのindex.htmlが1億4000万円!
それに対して「index.htmlは数十万円程度で開設できる」?10ページ作れば500万、おおっ!

制作・納品で作業完了の「Webサイト」と、データベース構築365日24時間更新対応セキュリティ配慮の「Webアプリケーション」を、ひとくくりに「ホームページ」と呼ぶ弊害は大きいです。
これでは、民間企業のWebアプリ開発しているSOHOはクライアントから、国のものでも「数十万円程度じゃないか!と見積金額を叩かれ、一般の人たちは、省庁案件を手掛けている事業者のすべてを、過大な見積出して税金使ってる悪徳業者だと思いかねません。

IT業界に対する誤解を招かないように、IT業界以外の人にも分かるような箇条書き程度の実装予定機能一覧を示したうえで、指摘すべきだと思いました。

るりるり

Webページについては既にコメントがあるので…(^_^;

>携帯電話はスマートフォンの最新機種でも4万6000円
ん?それって通常回線だから災害等が起こった時(基地局が役立たずになった時)には役立たずになるでしょ。
 ※それだけじゃなく、僻地等での連絡確保にも衛星携帯は必須だし、通常回線が逼迫してる時にも必要ではある
『いついかなる時でも連絡が取れる』を旨とするなら、衛星携帯の系統は必須でしょ。
1274回線全部をそれにする必要こそ無いかもしれないけど、フェイルセーフを設けておくのは必須。

部署ごと(チームごと)に1~2回線は持っておかないとねぇ……
要職についてる人には各1台、部署毎に1~2台は欲しいところ。

まぁ、通話料とかも高いので、不必要な利用(不急の用)に対する罰則さえ確りとしていれば、こういった公職に着いている場合には衛星携帯は備えておくべきなので、『通常回線とスマホでいいじゃんw』なひとは、申し訳ないけど『馬鹿』と言っても差し支えないと思う。

mike

私は、インフラ関係の仕事をしてます。
担当する業種によって、WEB制作の人とも打ち合わせをします。
政府関連の仕事だと、機能の追加で500万から800万程度かかります。
OSやサーバーソフトも高価なものですし、ハードも最先端のもを使います。
プロジェクトの立ち上げをする人や、ハード・ソフトを扱える人を動かすとなれば1億4000万円は安い方だと思います。
高価なストレージは1億円近くするものはザラにありますので、新規にサーバーを導入するとなれば、こんな額ではすまないと思いますよ。
レンタルサーバーや個人で取引できるホームページ制作業と、同等に扱ってほしくないですね。
そもそも、日本はホームページ制作者に対する評価が、とても低い事からこのような批判?が生まれたのでしょうね。

予算の内訳を見ないことには高いかどうかは判断できない。HWの代金を含むのかどうか、保守管理がどうなるかで全然違う。静的なHTMLページの作成だけなら数十万はそれなりに妥当な数字だとは思うが全体の情報量次第で数倍程度にはなる可能性がある。

予算を通す側はその金額が妥当であることを示すための資料をきちんと出す必要がある、というごく当たり前の話だと思うんですがどうでしょう。
その上でもし下請けに丸投げで金だけ貰う会社が途中にいるならその会社は切って予算を修正すればよろしい。

チョロ吉

結局どの程度の値段が妥当なのかが知りたいですね。

ひろ

「万年筆と原稿用紙があれば芥川賞は取れる」というのに近いっすね。

ささき

薬師寺聖さん

コメントありがとうございます。

> ものでも「数十万円程度じゃないか!と見積金額を叩かれ、一般の人たちは、
> 省庁案件を手掛けている事業者のすべてを、過大な見積出して税金使ってる悪
> 徳業者だと思いかねません。

この辺のご指摘あるような懸念をわたしも感じています。
報道する側としてはぱっと人目を引く見出しが欲しいのかもしれませんが、今回の件について制作業界側の人間からするともう少し慎重な報じ方してほしかった気がしてます。

ささき

ささき

るりるりさん、コメントありがとうございます。

今回スマートフォンと衛星電話を比較している意味があの報道内容からだけだと受けてとしてはご指摘のような感想に落ち着きますよねw

ささき

ささき

mikeさん

コメントありがとうございます。

> レンタルサーバーや個人で取引できるホームページ制作業と、同等に扱ってほ
> しくないですね。

今回の件は、まさにここに尽きると思っていて
実際今回の案件がどの程度のレベルの案件なのか、あの報道からは把握できませんけど、国会なりそれに準じたところでの議論としては、やはりもう少しレベルを高める必要あるのでは?とニュース見ながら思った次第です。

ささき

ささき

たけぽんさん

コメントありがとうございます。

> 予算を通す側はその金額が妥当であることを示すための資料をきちんと出す必
> 要がある、というごく当たり前の話だと思うんですがどうでしょう。
> その上でもし下請けに丸投げで金だけ貰う会社が途中にいるならその会社は切
> って予算を修正すればよろしい。

はい、まさにそのとおりではないかと思います。
官公庁の入札案件で、それなりの予算規模ですと、入札要件を満たす会社は資本金を含めそれなりの事業規模を求められますし、そこに元請から下請けのピラミッド構造がどこの業界でもありますから、水増しというか、そこにはどうしてもマージンが載るのは避けられず、そこの階層がどの位になっているのかも事案ごとに違いはあるかと思います。

原発作業をしている方の人件費の問題なども報じられていますけど、そういう構造事態について追及するのであれば、やはりもっと詳しい資料をもって議論されるべき話題かと思っております。

ささき

ささき

チョロ吉さん

コメントありがとうございます。

> 結局どの程度の値段が妥当なのかが知りたいですね。

確かに今回取り上げた報道内容では、その辺が見えてこないのですよね。
実際立ち上がったホームページが、ほんとに数十万で出来るだろってレベルだったらお恥ずかしい限りなのですけど、中央省庁系のホームページをハードウエアの導入と何かしらのシステム構築を含むような形でエンタープライズ向けのCMSの導入しつつ、千とか万の掲載情報量があるのであれば、金額の妥当性は生まれてくると思いますが、それこそASPサービスのブログサービスでもOKじゃん…というサイト規模だったら委員会での質問の通りってことになってしまいますもんね…

ただ、今回質問者がスマートフォンと衛星電話を比較しているレベルなのでちょっと判断悩ましいところかと思います(苦笑)

ささき

ささき

ひろさん

コメントありがとうございます。

こういう事案で無駄が絶対ないか…と言われればそれなりに削れるところがあるのが世の常かとは思うのですが、

> 「万年筆と原稿用紙があれば芥川賞は取れる」というのに近いっすね。

質問者の思うところがこれだとすると、できれば

必要なところにお金は掛ける方向のマインドチェンジをしていただきたいと思った次第です(苦笑)

ささき

コメントを投稿する