オルタナティブ・ブログ > ウツリーマンの日常 >

心が折れてしまう前に予防的視点でのメンタルヘルス情報発信

オンライン飲み会やってみた

»

今回のコロナウイルスの影響で弊社でも在宅勤務を実施していますが、せっかくなので流行りのオンライン飲み会を職場のメンバで実施して見ました。


元々私自身が大人数での飲み会が苦手なこともあり、リアルでもあまり飲み会には参加しません。(3名ほどで気の合う仲間で飲むのは大好きですが)
今回は、Skypeを使って10名くらいの参加者で実施して見ました。


ここオルタナティブブログでも色々な方のオンライン飲み会レポートがあったので参考にして、エンドレスにならない様に時間は予め目安を決めてスタートしました。
結論から言うと、私は"アリ"かなと思いました。やはり自宅で自分のペースで飲めること、終電や帰りを気にしなくて良いことはとてもイイです。


また、今回職場の仲間で実施したのですが、自宅でリラックスした雰囲気でメンバの意外な一面も見られたりしてなかなか面白かったです。

しかし、やはりオンラインで同じ場所にいないので、お酒やつまみの味を共有することが出来ないのは少し残念な点かも知れません。
美味しいお酒や食べ物を一緒に味わうというのはリアル飲み会でないと難しいですね。
予め、飲物や食べ物のお品書きを各自で共有しておくのも面白いかも知れません。

あと、オンライン飲み会の場合は基本的に全員で話を共有しているので、飲み会中に個別の会話と言うのが存在しない部分はリアル飲み会と違う部分かなと思いました。
良く飲み会で、それぞれ数人で輪になって話し込んでしまい、孤立する人がいたりするシーンがオンライン飲み会の場合はないのかな?と思います。


もちろん、良く発言する人、あまり発言しない人がいるのは、オンライン飲み会の場合でもリアル飲み会の場合でも同じです。

しかし不思議とポツンと孤立している感じはしません。画面上ではありますが、皆の顔が並んで見えているからなのでしょうか不思議な感じです。


ともあれ、コロナ禍で外出自粛が続く中でもいろいろと工夫して、ストレスを解消することを考えて見るのも良い機会なのかも知れません。

皆さんも是非いろいろと試して、生活のバリエーションを増やしてみてください。
オンライン飲み会これからも実施したいと思います。

#Stay Home
#家にいよう

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する