オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

元のケータイアドレスが利用できるように戻るまであと2ヵ月?

»

先に読んだのはこのエントリーの方。

「HTC Desire販売終了?」
http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2010/07/htc-desire-78e6.html

海外速報部ログの佐藤さんが、

私はおたく(←敬称)ではないので、レアモノを持って嬉しいという気持ちはそれほど強くないのです。

なんて書かれてらっしゃいますが、いや、そもそもDesireを選んじゃった段階で・・・もとい、自分としては、「ああ、そうなんだ~、確かに自分の周囲でも(やっぱiPhoneばかりで)あんま盛り上がって無かったもんなぁ~」と冷静に思ったり。以前のエントリーにも書きましたが、なかなか手に入らない、といいつつ、Softbankショップの人が「扱い初めてなんですよ~」とか言っている時点で入荷数は相当少なかったんじゃないか?と穿った見方をしたり。

(2.2への期待が高い分)Froyoにアップデートできない、と言われると心配ではありますが、それこそ公式にはできなくても色々チャレンジされる方がいらっしゃるだろうから、その方にご教示いただいたり(めっちゃ他力本願。すみません)。

手に入れて1ヵ月ちょっとで発売中止、ってのもそれはそれで縁なのかな、なんて呑気に考えてました。

ただ一方で(誤解および思い込みから)元々Desireにしたきっかけの、@k.vodafone.ne.jpのメールアドレスが使えるんじゃないか?については、使えないままその後面倒なことが起こり始め・・・。

元々携帯メールアドレスを交換している人は非常に少なかったのですが、そんな人からたまに来たメールが、サーバーに溜まってしまっているようです・・・。たまに、DesireからUSIMを抜き取って以前の携帯に入れて吸い出しをするのですが、やっぱり面倒くさく(苦笑)。場合によっては、「何で返事くれないの?」とも言われ・・・。Desireで利用するためのgmailアカウントを一つ取ったのは取ったのですが、今度はまたそのアカウントを皆に連絡してないから送りようもない訳で。場合によっては、ケータイのドメイン以外から来るメールはシャットダウンされてる方もいらっしゃったり・・・。なんだかこの点は自らの行動ながら、いちいち面倒くさいことをしてしまったなぁ、と思ったりしていました。

そう思ってて、改めて見てみたDesire発売中止(はリリース出てないですが)後のプレスリリース、Desire2(こっちは何も興味無い)発売予定に併記された内容に思わず「おおー!」と声をあげてしまいました。

 

やったー!って感じでした。

ま、これで自分の以前のアカウントが使える保障は何も無いのですが(なんか、@softbank.ne.jpしか利用できないイメージ既にあったり(苦笑))。何しか、こういうことがアプリ対応されることが自分としては嬉しかったです。

・・・あと2ヵ月かぁ・・・。長いのぉ。

まだ開発中なのならば、是非、@以降、softbank.ne.jpの固定文字列だけではなく、k.vodafone.ne.jpも入れられるようにしていただきたい、と節に思っております(誰に投げ掛けてるんだか)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する