オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

言葉一句一句にまで気を配るプレゼンテーションは美しい〜エバンジェリスト養成講座〜

»

昨日は、西脇資哲さんの著書「エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100 」のセミナー版であるエバンジェリスト養成講座に参加をしてきました。西脇さんのプレゼンテーションは度々拝見するのですが、分かりやすくて、聴きやすい。でも、何がそうなっているのか、プレゼンテーションの構造を教えていただくことができ、正直申し上げてこんな金額で聞けていいんですか?というくらい、中身のある2時間でした。
 
そんな中で、僕がいつも気を付けているところではあるのですが、「キレイな言葉を使う」というお話がありました。キレイな言葉とは、喋り方もそうですが、文字として、字面としてキレイな言葉を使おう、ということです。僕もお話をさせていただく際には、できるだけ気をつけているのですが、気付かないうちに言ってしまうかも知れませんね。これは、お話をされるのがお仕事であるアナウンサーさんはいつも気を配っておられるのでしょうが、我々はそういうトレーニングを受けていないこともあり、つい口走ってしまうことも。
 
その中で西脇さんは、「汚い言葉の肯定を使わず、キレイな言葉の否定語を使う」というお話をされていました。「汚い」とは言わずに、「美しくない」と言う。「汚い」という言葉が「美しい」の否定語である「美しくない」になったことで、字面がキレイに見える気がします。
 
僕が下町のお祭りの世話人をするようになって、下町生まれのおじさんたちの言葉で「それ、いいな」と思ったことがあります。それは、「ダメ」と言わずに「うまかねえな」と言うのです。お祭りの準備が予定通りに進んでいない、あるいはお神輿の縛り方がしっかり出来ていない、宮司さんが来られる前の準備がしっかり整っていない、といった時に「これじゃあダメだ」と言わずに、「これは、うまかねえな」と言うのです。
 
これ、どういう違いかわかります?「これじゃあダメだ」と言ったときには、それをやっている人のやり方、そしてやっている人まで否定することになりかねません。実際、その人を責めるときに使う言葉なのですね。
 
一方で、「うまかねえな」という言葉は、そこで起きていること、状態、事象にフォーカスしているので、「人」ではないんです。だから、やった人は反省をすることはあっても、へこんだりしない。この言い方だけで、そこに関わっている人たちのモチベーションまで変わってくるのですね。言い方が違うだけなのに。
 
その他にも「えー」「あー」に気をつけるとか、「はいっ」で始めないとか、ついついやらかしてしまいそうなお話もありました。反芻して、自分のプレゼンテーションを、少しでもいいものにしていきたい。そう考えることができました。西脇さん、そして翔泳社のご担当である小泉さん、ありがとうございました。

Comment(2)

コメント

ardbeg32

「うまかねえな」はいいですね。
あってるかはなはだ自信はありませんが「そら、おもろないな」とか、遅れてるぞ!ではなく「ちゃっちゃとやってまうで」とかも人でなく雰囲気にフォーカスしてるのかと考えるとなるほどなと。
しかし「うまかねぇな」といわれて、「ほな、こないしまひょか」と次のネタを考えようとする部下ならともかく、「うまくない」と言われて「はぁそうですか」で終わってしまうようじゃ、人にフォーカスしてシバキあげでもしないと何時まで経っても仕事が終わらなく。

>ardbeg32さん
たしかに、そういう人はいますねえ。(遠い目)

コメントを投稿する