オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

節操がない?多趣味と呼んでください( ̄^ ̄)

»

僕が好きで聴いているポッドキャストの「119Mac」に、オルタナティブブロガーでもいらっしゃる木沢さんが登場されていました。木沢さんと言えばWindowsなのに、なぜ119Macに?と思われた方も多いことと思います。

 
内容の面白さは、こちらを聴いていただければと思いますが、この中でシャロちゃんが「ニコンのカメラを使いながらキャノンのことを言ったり、Macの番組をやりながらAndroid端末を持っているのは節操がないと、ツイッターで言われた」ことについて、いろいろと素晴らしいコメントを残しておられます。
 
実社会では分からないのですが、ツイッターなどで、やたらと信者とアンチという言葉、あるいはそれを意味するような言葉を見かけることが多いように感じます。個人的に好きなものはトコトン好きで、それ以外は認めたくない、というような感じなのでしょうか。それはそれで個人の趣味・趣向なので、誰も否定はしないと思いますが、他人の趣味・趣向にまで口を出すとなると「余計なお世話」と言わざるを得ない気がします。
 
僕自身を考えてみると、Mac、iPad、iPhoneを持っていますし、業務に使うものとはいえ、気に入って使っています。じゃあ、Windowsキライかといわれると、前職で10年以上も使っていたものですし、今でもWindowsの良さというものがあり、Windowsでしか実現されていないものもありますよね。あと、WindowsPCでも、好きなものというのがあります。それはそれで、僕の好みであって、誰かに否定されてもどうしようもないわけで。
 
あるジャーナリストの方が、通信会社に対しても信者とアンチが面倒くさい、ということを仰有られていましたが、たしかに他人の考えは他人の考えであって、それを押し付けられてもどうしようもないのですよね。
 
今回、Macのポッドキャスト番組にWindowsのポッドキャストをやっておられる木沢さんが登場された、ということは画期的だと感じます。そういう多趣味であり、許容出来る人たちだからこそ実現したのでしょう。そういうツールのことで二分化してしまうなんて、面白みが薄れますもんね。
 
僕は自分のことを多趣味な人間と思っていましたが、節操がないと言えばそうなんでしょうね。まあ、そんなことより、気になるものは気になる。それでいいのだと感じた今日このごろです。以上、Android端末を5台持っている大木でした。^^
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する