オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

東海道新幹線が完全チケットレスにはならないのはどうして?

»

今週はアップルジャパンでのセミナーがあり、準備に忙しい中に大阪に向かっている大木です。
 
今朝は10時に難波界隈でアポイントがあるため、早朝の新幹線に乗り込む。そのため、早めに新幹線をえきねっとで予約したのですが、 クレジットカードで決済が済んでいるにもかかわらず、受け取りに行かなくてはなりません。当日でも構わないのですが、早朝に行列をなしていることを想像すると、前日に受け取りに行きました。そこでまた、決済に使ったクレジットカードが必要になり。
 
東海道新幹線は、東北新幹線などと違い、車掌さんが車内で切符を確認に来ます。同じ新幹線ではありますが、会社がJR東日本か、JR東海かの違いなわけですが、元々は同じ会社だったわけで、なぜそのように運用が違うのかが分かりません。
 
この時代であり、素晴らしい自動改札機もあるのですから、完全チケットレスにできそうなものですが。単純にもったいないな、 と思った次第です。
 
さて、大阪でのお仕事が楽しみです。行ってきます!

Comment(1)

コメント

もと

NTTグループなどとは異なり、JR各社が完全な別会社であることが災いしている一例
でしょうね。
東北新幹線関係は、全てJR東日本の改札口を通過するのに対し、
東海道新幹線関係は、東京から鹿児島まで、3つのJRの改札口があるわけですからね。
例え、東京-新大阪のみ運行の便であっても、鹿児島から乗り継いできた乗客もいるわけで。

コメントを投稿する