オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

3. ほとんど同じ意味の漢字の使い分け

»

ニーズはそんなに高くないんですが、それでもこの季節(?)になるとよく出てくるのが、「正しい日本語を使う」ための研修です。たいていは、内定者向け研修、新入社員研修が中心なんですけれど、時々中堅者層向けの研修を依頼されることもあります。

私は「話しことば」の専門家で(「日本話しことば協会」認定講師です)、書き言葉はそれほど専門家ってわけでもないのですが(それでも「文章能力検定」2級です)、いちおうライター業もやってますからね。仕事がら「正しい書き言葉を用いる」ということに関しても色々勉強しています。

そんな中、結構難しいのが、「とてもよく似ていて発音も同じふたつの漢字の使い分け」です。

例えば

  • 会う と 合う
  • 上る と 昇る と 登る
  • 上がる と 揚がる と 挙がる
  • 足 と 脚
  • 受ける と 請ける

なんてのは、わかっているようでわかっていない。

「仕事を受ける」ってのは、誤った用法なんですよ。

「たこを揚げる」と書いたら、タコの天ぷらでも凧あげでも使えるんです。

(これは私も知らんかった-)

そのような間違えやすい用法を、文化審議会国語分科会が昨年の2月にまとめてくださっていました。様々な文章を書く必要がある人、必見です。

じゃぁ、「UML図をかく」は、書く?描く?どっち?

Comment(2)

コメント

仲澤@ク失業者

一旦英語に訳すと良いかもしれません。意味がわからないと訳せませんから(笑)。
ちなみに論理学(数学)的には、自然言語の一部を取り出して、仮定を使わず無矛盾な意味を算出することは不可能であると聞いてます。
つまり話し言葉の意味を完璧に理解するのは一般論としては不可能ということらしいです。
従って、全ての自言語の会話の理解にはかならず推論と仮定が入り、それを使って表現する限り、内容の一部又は全部が伝達できないことが学問的に証明できるらしいです(笑)。

匿名

「仕事を引き受ける」の意味で「仕事を受ける」という用法は間違ってない気もしますが・・・

コメントを投稿する