オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「マネージャー」=「偉い人」なのか、というソボクな疑問。

»

あるコラムを読んでいましたら、「女性も偉くなるべし」的な論調で展開されていて、なんだかちょっと違和感を覚えました。

「管理職になること」=「偉くなること」

と定義づけているようで、うーん、ほんまやろか、と似非関西弁で唸ってしまったのでした。

管理職、マネージャー、あるいは、経営者。

偉くなることでしょうか?

責任の範囲が広くなる、責任が重くなる。
やりたいと思うことの可能性が広がる。
他者に対する影響力が強くなる(うまくリーダーシップを発揮できれば)。

などなど、管理職・マネージャーになればできることは増えるでしょうが、それ「偉くなる」ことなんでしょうか?

私は、常々思っているのですけれども、

「マネージャー」は「役割」であって、「地位」ではない、はず。

「地位」だと思うから、おかしなことになるケースも多々あります。たとえば、今では考えられませんが、部下に「タバコ買ってきて」とプライベートな買い物をさせるなんてありましたよね、昔。

・・・・。

・・・まそれはそれとして。

女性の活躍を祈る、女性ももっと頑張ろう!というのであれば、

「偉くなろう!」

ではなく、

「もっと自分の裁量でできることを増やしてみないかね?」

というメッセージのほうが有効だと思うのです。

女性が「いや、私は、女だから」と腰が引けているとき、「もっとやれることを増やしてみないかね。もっと影響力を及ぼせる範囲を増やしてみないかね。もちろん、責任も重くなるけど、それを楽しんでみないかね」とそういうメッセージを女性に向けて発信してはどうなんだろう?と思ってしまいました。

「我慢しなくてもいいんだよ。やりたい、って口に出していいんだよ」も伝えつつ。

そして、それって、一つの選択肢として管理職・マネージャーというものがあるのであって、専門職としての道を究めるというのもきっとありで、たくさんの選択肢を、あきらめることなく、「自分で選んでいく」ことが大事なんだよ、ということも同時に伝えていく。

もちろん、男性にも同じですけれど。

偉いとか偉くないではなく、「自分にブレーキかけずに、やってみたいことがあれば、やってみようね」というそこが大事な気がしておりまする。

=====================

話題になっている『リーン・イン』を読み始めました。

ああ、かの国の女性も同じように内なる声にブレーキかけられてしまっているのだなぁ・・としみじみしながら、読み進めています。これは、読み終わったら、また読後感をこちらで書くつもりです。

Comment(4)

コメント

ardbeg32

やりたいことを増やすことができるのも確かですけど、業務命令というか管理監督責任も付属してくるから、男女に係わらず腰が引ける人も多いんじゃないでしょうかね?
命令できる≠偉いなのは大抵の人なら理解していると思いますが、時には脅してもすかしてもおだてても一向に言うことを聞かない部下を蹴り飛ばしてでも仕事を進める必要もあるでしょうし、蹴り飛ばすからには結果に責任を持たなきゃならないし・・・
一人プレイングマネージャーならともかく、他人の業績込みで自分の業績を評価されるとなると、やっぱりこしが引ける人が多いんじゃないかと。
おそらくリンク先のコラムの「偉くなる」というのは、人の上に立って仕事を差配するという程度の意味じゃないかと私は読みました。

ちなみに蹴り飛ばさなくても仕事を自主的にしてもらえるように持っていくのが理想的な上司でしょうけど、端から割り切ってる部下もいますのでそこんところはなんとかんとも。

出世する意味は人それぞれで良いと思いますけどね。
企業がどんな人材を求めているかは別にして、
『偉くなりたい』の理由はそれぞれでもって貰って出世のためのモチベーションにしていけばよいのでは無いかと思いますね。

日本の会社は男性社会ですから女性が出世すると色々やり辛い事もあるでしょうから、そこが問題な気がします。様々な感覚を持った人材がそれぞれの目的で出世を目指せる環境ができるのなら面白いですよね。

とはいえ極端にボーダレスにするとムムムな上司が誕生しそうですけどね。

TanakaJunko

ardbeg32さん、大阪の鍵屋さん、 コメントありがとうございます。

男女問わず、「偉くなりたくないのか?」と問われると、ちとビビるような気がいたしまして。 自分がハッピーなら一番ですねー。(もちろん、すべきことをして、の話ですけれど)

こん××は。妹尾です。
「マネージャー」=「偉い」=「人間としても優れている」
みたいな感じを出してくる人に出会うことも多々あります・・・。
・・・たぶんここに辿りつかない、と思うから堂々と書いちゃいますが(苦笑)

コメントを投稿する