オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

ジェリー・ヤンの米国Yhaoo!のCEO就任にみる、「スター」の必要性

»
Yahoo!のCEOに、共同創業者の一人であるジェリー・ヤンが就任した。
日本人にとっては、ベンチャーの創業者がCEOをつとめないというケースはほとんどないため、直感的にはこの人事が分からないところだが、米国では会社の所有と経営は分離される場合が多い。ビル・ゲイツやラリー・エリソン、あるいはマイケル・デルなどは異例と言えると思う。日本では、創業者=社長だが・・・。

ただ、今回の人事についていえば、Yahoo!は失速気味な自社の業績とブランド力の低下に際して、もう一度ネット創世記のアイコンの一人である(伝説的ではあるが、やや地味である気はするものの)ジェリー・ヤンを前にだして、ベンチャーライクなムードや活力を表現しようと考えたのかもしれない。

Googleは創業者二人が強い求心力になっているし、Appleはジョブズのカリスマこそが最大の武器となっている。パームも、創業者であるホーキンスを呼び戻したし。
つまり、アイコンというか、スターを会社の中に作ることは自社ブランド活性化には非常に有効な手段なのだ。人間は分かりやすさを求めるから、Apple = スティーブ・ジョブズ、とか、ヴァージン=リチャード・ブランソン、というように企業イメージを一人の顔に重ね合わしたくなる。

僕は拙書『Web2.0のビジネスルール』で、PR戦略、ブランディングを重視する企業はスターを作るべきだと主張している。今回の人事は、Yahoo!が経営力よりも、スター性(は、やや乏しい気もするが伝説的ではある)を重要視しての結果だと僕は思っている。

Yahoo!、CEO交代——共同創業者のジェリー・ヤン氏が新CEOに

ジェリー・ヤン新CEOは実力者のスーザン・デッカー新社長とともに「戦略ビジョンの実現」に取り組む。
2007年06月19日 07時13分 更新

 米Yahoo!は6月18日、CEOの交代を発表した。同社の共同創業者で取締役のジェリー・ヤン氏がCEOに就任し、テリー・セメル会長兼 CEOは非常勤の会長となる。また、執行副社長で広告主・パブリッシャー部門の責任者を務めるスーザン・デッカー氏が、同社社長に就任する。


  generated by feedpath Rabbit
Comment(1)

コメント

かいわれ

「米国Yhaoo!」とは?

コメントを投稿する