オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Ajax、LAMP、Cybozu

»

この何年かでWebの世界を席巻しているのは、既存技術の組み合わせと、その頭文字や韻を踏んだ造語ですね。

cybozu.netではAjaxという技術をUI設計(インターフェイス設計)のために一部採用することになっていますが、AjaxとはAsynchronous JavaScript + XMLの略です。要はJavaScriptやXML、CSSなどを組み合わせてWebアプリケーションのUIをリッチにする手法なのですが、それはさておき、最近ネット企業の間ではこうした造語と「技術の組み合わせ」が流行っています。

他には例えばLAMP。これはLinux、Apache、MySQL、PHP、Perl、PostGreSQL、Pythonといった技術の組み合わせです。LAMPはWebアプリケーションの構築環境であり、AjaxはWebアプリケーションのUI技術です。どちらも従来からある技術の「組み合わせ」に過ぎませんが、それ以上のモノでもあります。オープンソースであることから、採用を考えるに特別な条件は必要なく、TCOと有用性だけを考慮すればよいのです。採用した結果得られるものは、UIでいえばFLASHに劣らぬリッチな操作感であり、.NETやJavaに劣らぬ優れたパフォーマンスです。(もちろんLAMPにせよAjaxにせよ、監督団体や企業があるわけではなく、その品質の水準を決めるのは個々の企業や技術者の能力次第のところがあって、必ずしも採用の成果が現れるとは限りませんが)

RSSは Really Simple SyndicationあるいはRich Site Summary の略ですが、技術者の常識を超えて、一般のヒトにも普通に知られるようになりつつありますね。よくよく考えると、ほぼ全てのこうした流行に、僕自身深くコミットしていることに気づきます。

ちなみに、Cybozu(サイボウズ)とはCyber とKids(=ボウズ、Bozu)を組み合わせた造語です。この組み合わせ、造語もインターネットにおいて流行するとよいのですが。

では、また。

#. このエントリーは、cybozu.net公式ブログと同時postしております。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する