オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

W杯 イングランド敗戦 グッドルーザーとは

»

W杯の優勝は南アフリカ

イングランドSOはグレーゾーンのタックルで狙われてしまった。

イングランドは敗戦を受け入れられなかったのだろう。表彰式でメダルを拒否する選手もいたようだ。

監督も、早々にメダルをスーツのポケットにしまい込んだ。

勝ったり負けたりするのがスポーツ。

良き敗者であることは素晴らしい勝者であることよりも難しい。

「結果は結果だ。イングランドのラグビーがその価値を失ったのではない。スポーツマンとしてふさわしい振る舞いをしよう」「スポーツマンの価値は負けた時に示される」と言えるのが真の名将だろう。

今回のW杯では、負けたチームの監督が真っ先に相手を称えるコメントをしていただけに、決勝もそうであって欲しかった。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する