オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

箱根駅伝・・青学敗れてなお強し

»

箱根駅伝・・・青学敗れてなお強し

今年の箱根駅伝は黄金世代の東海大が総合優勝を遂げた。各区間での走りで上位をキープし「ミスのない走り」での優勝だった。

五連覇を狙った青学は二つの区間で大きく順位をさげ、総合で2位という結果に終わった。

「10区のうち二つもミスがあっての総合二位。しかも昨年の記録を上回っている」という事実に対し、「やはり青学は強い」と思いを強くした。

「一つミスをしたら勝てない」、というチームと、「一つのミスなら勝てる」、というチーム

ミスをしないで勝つチームは強い。しかし、一つミスしても勝てるチームはもっと強い。

今回は「強いチーム」と「勝てるチーム」が違うということだった。

連覇を逃した原監督のコメントは潔かった。すべてを自分の責任にした。

「4区5区で普通に走れば勝ったんですけどね・・・」などと言わなかった。

選手を選んだのは監督。勝った時は選手のおかげ。負けた時は監督のせい。

それが勝負の世界。

前に、勝負の鉄則として「ミスは一つまで」と書いた。青学もミスが一つなら勝てただろう。ミスが二つでると、勝ちは遠のく。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する