オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

音声通話が私の中では復活している感あり

»

おはようございます。

晴れたりどんより曇ったり。空の上で戦っています。

===ほぼ毎朝エッセー===

先日スマートフォンを変えました。docomoのSharpのSH-03GというAQUOSスマホです。Galaxyを乗りついできた身としては、かなり久々の国産スマホ。指紋認証付きで防水です。契約を見てみると、それまで使っていたGalaxy Note3はどうやら1年半も機種変せずに使っており、「ずいぶん怠けてしまった」と反省しています。

SIMフリー化も半年待たないと実施してくれないという、ある意味改悪された制度にも少し驚いてしまいました。もともとdocomoは購入即時に有料でやってくれていたのですが、今はネットで無料でできるようになったものの、購入後半年はできないと。海外出張者にはかなり不便です。

いつものことですが、キャリアがずるいと思うのは新料金プランへの変更をかなり無理やり実施されてしまいます。古い料金のままだとスマホの補てん金がもらえないという仕組みのようです。

古い料金体系にこだわっていても仕方が無いので、新しいものにしてもらいました。その中で通話は、月額2700円の、どのキャリアでも固定電話でも、24時間電話がかけ放題というプランにしてみました。

通話に関しては、ちょっと前までは、同一キャリア限定、さらに夜の時間帯は除く、あるいはPHSで10分以内で500回まで、などという制限がかかっていたのが、今回のプランでは全面撤廃されています。

一方、データ通信無制限を謳ったパケ放題のようなものがどんどん制限されています。2GB制限、5GB制限など、月当たりのパケット使用量を制限しており、制限使用量が大きくなるほど高い料金になっているのです。今や結構高い。

これはつまり、データ通信が盛んに使われ、音声は殆んど使われないようになっているという象徴ですね。音声もVoIPを利用すればデータ通信でできてしまうわけなので、いわゆる通信キャリアの提供する音声通話のキャパはだいぶ余っているのでしょう。ボトルネックが変わった。

さて、このプランにして、自分はよく電話をかけるようになったと思います。レストランの予約なども気楽です。以前パケット通信のときに実感しましたが、使い放題というのは一つのタガを外してくれます。使わなかったら損みたいなものでしょう。(セコイ!)

そして、発見したのですが、運転中にハンズフリーでBluetoothでつながるのが特に便利です。車の運転中で暇なときなど、メールやLINEとかで要件を伝えようとしてしまいますが、危ないのでやるべきではありません。電話かけ放題の料金体系と相まって、ちょっとしたことは音声で伝えるようになってきている自分の変化が観察されました。

音声通話が私の中では復権しているような気がします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する