オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

そもそも縮小して解約しようと決めた後です。どうにも取り付く島が無い雰囲気です

»

おはようございます。

雲が多めの空。11月の後半がスタートしました。


===ほぼ毎朝エッセー===

O社さん、CACHATTO利用を大幅に縮小している様子です。

次回の更新の見積もりでは人数が少ないところでの依頼があり、解約アラート案件として挙げられていました。それを受けて先週、八王子に訪問しました。

相変わらずの気まずい雰囲気での会議が始まります。そもそも縮小して解約しようと決めた後です。どうにも取り付く島が無い雰囲気です。

ただ、折角の機会です。今我々が何をやっているのかを、ご参考までにとお話させてもらいました。

実際のところこの1年でのCACHATTOの変化は激しいです。Notesへの対応、英語メニューの改良、新UI、多言語化、パソコン用の新提案などなど。ユーザー会での資料も説明に使いました。

ご担当者様とはしっかりと2時間近く話し合いながら、進化にかなり驚いていただきました。聡明な方で、話しながら様々なアイディアのトスが始まります。

このアイディアのトスは新製品開発のヒントの宝庫です。お客様とアイディア出しあいながら、第三の解を導きだすのです。綱引きではなく、別な解を創りだす共同作業。双方ともにメリットがあるのです。

今後、まずは別サービスをCACHATTOにリプレイス、縮小を止める。そして、新しい使い方へと進めていくお約束をいただきました。我々の存在を中期計画に入れてもらえることにもなりました。

同行したSさん帰り道で言っていました。

「Mさんの表情が徐々に和らいでいく様子に脱力してしまいました。最後は笑顔でしたね」と。緊張してのスタートだったのです。

今後のフォローをしっかりする必要あり。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する