オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

8年、最新サービスの古いバージョンの停止に思う

»

おはようございます。

一雨降った様子の朝。雲はどんより。
昨晩は涼しくて良く眠れました。


===ほぼ毎朝エッセー===

先週cs13というCACHATTOアクセスポイントを停止しました。
それによって、従来のCACHATTO Ver.3というものが使えなくなります。

このバージョンは3年前にサポートを打ち切っていたのですが、
一社だけなかなか変更をせずに使っていらっしゃいました。

その一社もようやく新しいバージョンへの移行が完了し、
何とかアクセスポイントの古いサーバーを停止できたのです。
「cs13」はかれこれ8年くらい稼働していたことになるでしょうか。

いまから8年後というと、オリンピックも終わっています。
その頃には今の最新バージョンもかなり古くなってしまっていて、
同じようなことをやっているのでしょうか。

時間のスパンというものは長いようで短いです。

製品やサービスに寿命というものがあると言われます。
でも、そのもの自体を日々徹底的に磨き込んで創り込んでいくと、
そうやらそれは長い寿命を持つようになるようです。

一方、「こんなものでいいか」と、気持を抜くと死んでいく。
それもあっと言う間にダメになっていくようです。

日々メンテすることで生き物のように変化しつづける。
それが変化する環境にも追従できる、いや、魂の込め方では
環境自体を徐々に変化させていく力さえ発揮してくれます。

メンテを着実にやっているか、日々確認する作業が、
「日付」をタイトルに入れて皆に書いてもらっている、
Daily Report(日報)です。

送信するときに一息置いてその日に気持ちが込もったか確認する。
「これでよし!」と心の中でつぶやいてから送信する。

このような習慣にするといいと思います。

それが大きなスパンでは製品やサービスを陳腐化させづらくして、
寿命自体を長くしている。

そして長く続けられること自体が自分たちの未来を明るくする。
そのようなことを思わされた古いバージョンの停止でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する