オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

東京の屋上に死の灰??ガイガーカウンターがついたウソ

»

百聞は一見にしかずといいますが、6μSv/hをガイガーカウンターが指し示す動画のインパクトは強いようで、「杉並区の屋上に死の灰」というネット上の心配が広がりつつあります。

まずは、この動画を御覧ください。どうでしょうか?実は東京も、6μSv/hとかいう退避が必要な区域レベルの放射性物質があって、公的機関は情報を隠しているんでしょうか?公的機関の監視役をしている国際環境保護NGOグリーンピース は今回の公表値は概ね再検証して同じと発表しているのですが、グリーンピースも間違っているんでしょうか?はたまた、東京に局所的に値が高い場所が存在するんでしょうか?

その答えとして、前回のエントリー「東京の屋上で、5.4μSv/hrや0.5μSv/hrが計測された意味」で、広い面積に落ちた埃が濃縮されたためという見解を引用しました。ともかく、この6とか5.4μSv/hという値は、公的機関が発表する数字とは比べられず、東京が危険だという訳ではないという理解です。
そして、4/13の午後に以下の解説を放射性物質測定を専門とされる、 @kun_f さんよりいただき、この測り方では「地表の放射線量」の測定ができておらず、6μSv/hというのは参考にできない数字だということがわかりました。

飛散物に密着させ6μSvはそれほど驚くべき値ではない、ということです。空間線量率=6μSvではない。空間線量は線源からの距離の二乗に反比例。モニタリングポストは地面に密着してませんよね RT @sakamotoh: 局所的に放射性物質が濃縮された箇所がある という解釈が正しい
http://twitter.com/#!/kun_f/status/58049790847623168

地表の放射線量を調べるのに、地表に密着させてはだめで1cm離して測定する必要があるのです。地表には放射性物質がある可能性があり、その影響が距離の二乗に反比例することから、密着して例えば0.5mmの距離で測るのと、1cm(10mm)で測るのとでは 20x20=400 で、400倍もの値の増加がされうることになります。もちろん、0.5mmも離れずセンサーに密着していて 0.1mm なら1万倍です。

そして、センサーに放射性物質が付着してしまうとその後はどこで測ってもその付着した物質の影響を受けて値が高くなってしまいます。

そもそもガイガーカウンターが測れるものは、毎分のガイガー計数値(CPM)という、ある核種(放射性ヨウ素とかセシウムとか)がどれだけ計測されたかというデータでそれを、何を測っているかという想定からベクレルに換算し、さらにシーベルトに換算されて値が出ます。動画のガイガーカウンターはそこを自動でやってくれる高級機のようですが、想定に従って計算を自動化してくれるだけであり、実際の人体への影響度そのものを測れるわけではなく、取り扱い次第で値が大きく異なることになります。

@kun_f さんは、6μSv/hという値からそもそもどういう放射性物質があったのか、物質(核種)がセシウム137で最も影響の大きい経口摂取の係数 1.3×10-8 (mSv/Bq)を使って逆算し、461ベクレルを導きだされました。
http://www.tweetdeck.com/twitter/kun_f/~ABOYz

6.0×10-6(Sv)/1.3×10-8 (mSv/Bq)                     = 461Bq
  6μ (Sv)       ÷セシウム137の経口摂取実効線量係数 = 461ベクレル
ということです。そういう推定から、

測定物対象物の質量が不明ですのでどれだけ経口摂取しても平気かは判りませんが国の暫定規制値野菜類は2000Bq/kgまで、水道水は300Bq/kg暫定規制値と比較しても、映像のエリアの土を全量飲み込んだとしても制限値の水を1.5リットル飲むのとさほど変わりがありません。ですので高濃度部分に近づいたり座ったり触れることが危険というレベルではないと思います。

※モニタリングポスト等で公表されている値(μSv)等は「空間線量率」であり土壌・空間中・宇宙線等を全て平等に合算した数値です。それを平時と相対的に評価するためのものであり、線源と密着させた値と比較して意味がありません(モニタリングポストは地表から離れてますよね)

と結論づけられています。

そもそも、これだけの値が出るにも、ある程度面積がありそうな屋上の埃が濃縮されるようなことがあっての値であり、密着させてももっと低い場所もあることを考えると、4月上旬現在の東京の放射性物質量は問題なく、東電福島第一の処理の行方や退避地域の様子を心配する方がいいと思いました。

保育園の子どもを砂場で遊ばせていいのか?という不安をお持ちの方も多くいらっしゃり、専門家を探し出し見解を聞く、私なりに理解して分かりやすく伝えるということを努力しました。

この動画を撮影された方も人々の健康を心配して測定、撮影されたのだと思います。もとの撮影者の方はデータの引用は不本意とおっしゃっていますが漏れてしまった映像はすでに拡散しており不安は広まっています。その科学的意味を正確により広く伝えることが使命だと思いこのエントリーを書きました。この意図を理解していただければと考えております。

そして、東電福島第一の現場で働かれている方々、避難地域の方々と残された家畜やペットといった命あるものの、安全と健康、そして幸せを改めて遠い東京の力願わずにはいられません。

Comment(22)

コメント

福島県民

はじめてコメントさせていただきます。よろしくお願いいたします。
>科学的意味を正確により広く伝えることが使命だと思いこのエントリーを書きました。
素晴らしいことだと思います。なので、私も科学的に疑問に思ったことを書かせていただきたいと思います。

>映像のエリアの土を全量飲み込んだとしても制限値の水を1.5リットル飲むのとさほど変わりがありません。
とあります。461ベクレルで6μSv/hだとして、これは内部被ばくの場合数値はそのまま使えますよね?すべてが体に取り込まれるとは思いませんが、仮に半分取り込まれたとして、生物学的半減期が100日だといわれてますので、
3μSv/h×24h×100(日)=7200μSv(100日)
次の100日で
1.5μSv/h×24h×100(日)=3600μSv(100日)
合計で10800μSv(200日)
となるんですが、本当に危険ではないのでしょうか。セシウムは半分も体に残らないのでしょうか。人間で実験したことなんてあるのでしょうか。しかし、1.5Lの水は一日で飲んでもおかしくない量なので、毎日飲んだら100日後は100倍できると思うのですが。どこかが間違っているのでしょうか。なぜこの方は急に暫定規定値を持ち出して比べたのでしょうか。子供が砂場で遊べば当然口の中に入ります。呼吸でも入ります。
私は専門家ではないので、疑問をぶつけることしかできません。明確に間違っていたら消してください。

坂本英樹

福島県民さん、コメントありがとうございます。
こちらの推定は、@kun_f さんのものですが、私の理解を言うと、461ベクレルのセシウム137は、「制限値の水1.5リットル」と同じ放射性物質を含む量になります。

体内での吸収率は知見がありませんが、国の基準の決め方から逆算すると、それを全部間違って体内に取り込んでも問題ないといえるのではないでしょうか?

いずれにしろ、この「濃縮」された埃は微量であり、砂場とかにも同じようにあるとは想定されません。また、残念ながら測定されたご本人が付近の地面に「密着」させて図られた様子はブログから削除されていますが、ともあれ今は問題ないとおっしゃっています。

Naoki_O

>福島県民さん
それ単位間違ってます。
6uSv/hじゃなくて6uSv。
461Bqのセシウム137を経口摂取したときのトータルの被爆量が6uSv。
私もIAEAの換算表見ながら検算しました。
だから全然問題ありません。

しーぷ

これ事実なのかな?だとしたらちょっと怖いような

>2,3日前にオリジナルで見ましたが、この作者は、この後もう一­度、同じところで動画を撮っています。「コンクリートや石の上で­放射線量が増えるのは当たり前、ということが指摘されたので、も­う一度やってみました」(うろ覚えなので不正確な引用)という説­明があり、最初に同じ屋上の土ホコリの無いコンクリ上に置いて、­数値がそれほど高くないのを確認したうえで、この動画と同じ土ホ­コリの上に置いて数値が上がるのを確認していました。私は素直に­怖いと思います。


shamojishamoji 22 時間前 7

しーぷ

あと、個人的なことなのですが
461Bqといった量を摂取するのも、そのレベルの埃がまっている地域で子供を長期間生活させるのも、かなり苦痛を感じます。

福島某所

461Bqのセシウム137を経口摂取したときのトータルの被爆量が6uSv。
それは妥当として、測定器が示しているのは6uSv/hであって6uSVではない。
よって、式は成り立たない。

坂本英樹

しーぷさん:
一番の問題は、密着させて測って正しくない値を事実として広められたことです。
広い屋上の埃が一箇所に集まっているところに密着させて出した値の意味の真相はわからないので、公的機関が測定したデータを信用するのが一番だと思います。

そして、放射性物質は世の中に広く、私たちの体内にもあります。小飼弾さんの解説のように
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51656515.html
5,000Bqとか6,000Bq、弾さんご自身は9800Bqあったそうです。

放射性物質は自然に存在していて、より多く取り込まないように気をつけるべきではありますが、暮らす上でゼロにはできないのです。ここは正しく理解すべきことかと思います。

坂本英樹

福島某所さん:
確かに機械は「6uSv/h」と示していますが、測り方に問題があったためその意味を考察された @kun_f さんの見解が今のところ一番納得いってます。
補足コメントがあればと相談しているのですけど、一番いい対処法は無視して公的機関の値を信用がいいと考えています。その測定器に付着して値が高くなっている疑いも高いですし。

Naoki_O

>福島某所さん
あぁ、確かに、@kun_fさんの計算式がおかしいですね。
放射線量から放射性物質の絶対量を求めるのは、まず核種を同定しないといけないので簡単ではありません。また、核種をCs137と仮定したとしても、経口摂取の式は使えません。
今回は、その辺に散らばった放射性物質の量を知りたいので、土壌汚染の換算式を使ってみましょう。
IAEAの資料によると、仮に1平方メートル当たり1000BqのCs137で汚染された土壌があったとして、その1m上で計測される放射線強度は、2.1nSv/hだと言うことです。
と、言うことは、6uSv/hなら、3MBq/m2。
た、だ、し。
上の数字は高さ1mで測定した場合の1平方メートルあたり、のベクレル値です。
で、どのくらいの高さで測ってましたっけね?
水たまりの面積はどのくらいでしたっけね?
仮に1mmの高さでしたら、距離が1000分の1ですから、放射線強度は百万倍になってもおかしくありません。
それなら、3Bq/m2ですね。
水たまりの面積が0.1m2なら、Cs137の総量は0.3Bqです。
経口摂取の場合の換算式は、Cs137で13uSv/kBqですから、それを全部飲んだとして、総被曝量4nSvになります。
ただ、この計算も、上のように計測値を大雑把に補正しているので、一桁二桁間違っている可能性があります。ま、二桁過小に見積もっているとしても、大したことありませんが。
と、かくのごとく、正しく測定して正しく計算しないと、何が危険で何が安全なのか、全くわからないと言うことです。
あとそれから、チェルノブイリの追跡調査によると、体内被曝での発がん性が確認されているのはヨウ素による甲状腺癌だけで、セシウムによると見られる癌は見つかっていないそうです。
いかがでしょう、ご納得いただけましたか?

Naoki_O

あ、そうそう、もうひとつ。
>しーぷさん
もし、微弱であっても放射線が恐いのなら、紫外線にも発がん性があることを思いだしてください。
また、もし、微量であっても放射性物質が恐いのなら、たばこの煙にも、ディーゼルの排煙にも、その他身の回りの様々な物質にも発がん性があることを思いだしてください。
また、年間の肝がん死者3万人のうち、8割がC型肝炎ウィルスによるものだと言う情報もあります。
あるいは、毎年、日本では6000人が交通事故で亡くなっています。
大事なことは、そうしたリスクと比較して、今の放射性物質のリスクがどのくらいかを、できるだけ正しく知ることだと思うのです。
怖いものには近づかない、怖くなければ大丈夫、では、却って危険に身をさらしているのかも知れませんよ。

坂本英樹

Naoaki_Oさん、解説ありがとうございます。
今回は、屋上で部分的に「シミ」として残るように埃が濃縮された箇所、にInspectorを「接触」させて図られています。センサーが完全に密着していないとして1mmとして算定はそう外れていないかと思います。

シミのようなものなので、埃の量としても微量です。面積的には数十センチ四方という感じに見えました。

それで、「埃」が危険だからと、砂場も危ないかも?、下水道に溜まった汚泥も?という心配を呼んでいるのですが、3/21の雨とか一時期に降りた微量な埃が問題なわけで、様々なものが混じっている砂場や下水道の汚泥とかは、動画の濃縮とは逆に希釈されているので同じような心配は不要といえそうです。

福島某所

>Naoki_O
IAEA TECDOC-1162文書のPROCEDURE E3 GROUND CONTAMINATION(土壌汚染)
に記載されている換算表での計算ですね。検算しました。
より多めに出るPROCEDURE E1 POINT SOURCE(点線源)の換算表で計算しても
約100Bqで問題ありませんね。

Naoki_O

>福島某所さん
検算ありがとうございます。
私もこれが専門というわけではないので安心しました。

>坂本英樹さん
私の計算も、様々な条件を仮定した上でですから、あまり信用のおけるものではありません。
結局の所、正しく測定して正しく計算しない限り、何がわかるというものでもありませんので、坂本さんがおっしゃるとおりに、公的機関の言うことを信じるというのが最善だと思います。
論理的に考えて、政府に国民を犠牲にする動機が無いと思うのですよ。少なくとも急性被爆でどうかなるほどの危険に曝すような、動機はね。

坂本英樹

theoraxさん
地上18メートルとは言っても空中の鉄塔の上とかじゃなくて、屋上のこういう所だそうです。
http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2011/04/111-15-4466.html
信用ならないという声と独自に測ったらこんな数字が という話はあふれているのですが、ともかく、東京では問題がなくて、心配すべきは福島市や郡山市などだと思います。

文部省が発表している「定時降下物のモニタリング」http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305495.htm
その累積数値をまとめたもの
https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/pub?hl=en&key=0AjgQ0pwrXV8YdGJORHAzdi1qMlFldUMwRkl4V3VfN0E&hl=en&gid=0
を見ると、東京は決して安心できる場所ではないことがわかるかと思います。
4月27日の衆議院委員会でも、「足立のベンチで、ほぼ放射線管理区域レベル」の汚染を計測できたということが出てきていますね。 http://bit.ly/l9QXLN

坂本英樹

wiredgalileoさん
ご紹介の資料から東京はあまり心配ないと多くの専門家が結論づけています。
ともかく今心配すべきは福島中通りだと思います。

坂本英樹

Inspectorはアルミカバーしないと、他の放射線量測定と同列で比較できないのではないかという指摘があったのですが、より明確な注意を見つけました。
ここ
http://www.ureruzo.com/inspector.htm
にあるように「ワイプテストプレートMJ00があれば、インスペクターを正確なガンマ線(X線)検知器として使用可能」だそうです。

逆に言うとこの映像の様に素で使うと、アルファ線(α)、ベーター線(β)を拾ってしまい公的機関との比較はできなくなります。また、アルファ線(α)、ベーター線(β)を拾っている状況では、Sv/h の正確な測定はできません。
こちらで紹介のように、
http://www.mikage.to/radiation/info/info0001.html
至近距離ででは ベータ線のカウント率(計数率)が20倍ぐらい高くなり、結果、20倍くらい高い数字が出てしまうそうです。

今にして分かったのかという感じもありますが、これからもガイガーカウンターを入手して測ろうという方は増えているので、警告を続ける必要がありそうです。

Naoki_O

野尻抱介氏の突っ込みが入ってしまったので、自分のコメントをフォローしておきます。
信号強度が線源からの距離の2乗に反比例するのは線源が無限に小さな一点に集中している場合の話で、逆に、無限に大きな平面に完全に均一に分散している場合、信号強度は距離とは全く無関係になります。1ミリでも1メートルでも全く変わりません。あ、空気による減衰とかを考えないとして。
だから、何キロ四方にも渡ってほぼ均一にばらまかれているような状態なら、数十メートルの高さで計測しても(減衰分を補正すれば)地上付近で計った場合と大差ない結果が出るでしょう。
ただ、この事例で言うなら、放射性物質の分布にムラができている状態なので、濃い部分との間の距離の影響は受けて、近ければ近いほど強い放射線を検出することになります。実際、ビデオでは、強度の高い所を求めて移動しているうちに、計測値がどんどん跳ね上がっていくわけで。
件のビデオは、このホットスポット直近での放射線量を測定して、あたかも辺り一帯に危険なレベルの放射線が飛んでいると言うように見せている、と私は解釈しているのですが、そう言う測定方法が正しくないことは間違いではありません。
じゃ、私だったらどうするか、と言うと、この場合、屋上の床面から1メートルの高さにカウンターを保持し、水平方向に数メートルずつ離れた数カ所で測定し、その平均を取ります。
こうすれば、屋上に一様に分布した場合に近い、放射線量が計れるでしょう。
ん〜、ただ、この時点ではまだ、ヨウ素から放出が主体だったはずで、その場合、シーベルトで正しく読めるのか、と言う疑問は残りますが。
計測器次第?

坂本英樹

Naoki_Oさん、野尻抱介氏には補足コメントで、この屋上の放射性物質にはムラがかなりあるというか、埃が濃縮された状態である旨補足し、その点は理解いただいていると思います。

totoro

放射能の測定で、α線とβ線を計れる物は正しくないという指摘はおかしいと思います。
文部省のデーター値より高く計算されますが、その意味はα線の人体に対する影響が
大きいからです。確かに空中の飛ぶ距離が短いですが。放射性物質が風などで飛ばされ呼吸器官に入ると危険が増加します。今回の原子力事故が無いときは、
ガイガーカウントは静かで、今の状況は異常で有ることに変わりは有りません。
不安ならば、どうすれば良いか考え実行するだけです。間違いなく結果は1年以内にでることと思います。

坂本英樹

totoroさん
ガイガーカウンターの原理と想定から間違ったSv/hが出てるんです。
セシウムのガンマ線を前提に設計されたところに、線源に密着させてβ線を拾って CPM(分あたりカウント)が上がって、セシウムのβ線の想定で係数を掛けたけっか、上記Inspectorでは20倍以上高い値が出てます。

つまり、大嘘です。

コメントを投稿する