オルタナティブ・ブログ > 青葉哲郎のスマイル航海日誌 >

マーケティングコンサルティング会社「サイコス」CEOの大航海ブログ

100年前からBOPビジネスに取り組んでいた、味の素の海外マーケティング

»

海外旅行に行くと必ず立ち寄る場所があります。それは現地のスーパーマーケット。小売業出身ということもあり、用がなくても店を見つけたら即足を運んでしまいます。商品ラインナップやパッケージ、価格を見ているだけでも色々と発見がありますよね。そんな時、日本の商品が並んでいるとなんだか嬉しくなったりしませんか?

今日は全22ヶ国でグローバル展開する「味の素」のお話。

2009年に創業100周年を迎えた味の素は、なんと創業の翌年から海外展開を始めています。主力商品「味の素」は、世界にとっても前例のない食品調味料で、商品理解をしてもらうためにありとあらゆる広告、宣伝販促をやりつくし、知恵を絞ってきたのだそう。

まずは食べてもらわないと理解してもらえないため、海外では自社流通を確立して直接小売店にルート営業を行い、現地の所得に合わせた価格設定、小分け販売など包装容量を工夫して、こつこつ商品認知、販売につなげてきたのです。最近はBOPビジネスとして他業種でも同様の手法がクローズアップされていますが、彼らは自ら考え、お客様と対話し市場ニーズに応えてきたのです。

海の向こうでこんな泥営業ができたのは、世界初のうま味調味料であるという商品ファクトがあったからだと企業の方は言います。

また創業の想い「佳良にして廉価なる調味料を作りだし、滋養に富める粗食を美味ならしむること」が脈々と受け継がれ世界の食卓に味の素が届いていったのです。

どんな企業も、最初はベンチャー。志を高く、社会に貢献できることを自分なりに追求していきたいものです。


マーケティングコンサルティングのサイコス

ただ今サイコスでは、業容拡大のため幅広く人材を募集しています。
戦略コンサルタント/ROI改善コンサルタント/Web改善コンサルタント/SEMコンサルタント/ソーシャルメディアコンサルタント 他
サイコスの採用・転職・求人情報

マーケティングで毎日をもっと楽しく。Facebookページ開設しました。
I Love Marketing(アイ ラブ マーケティング)

マーケティングコンサルタント青葉哲郎 Twitter

Comment(1)

コメント

旦那のお姉さん(インド人)が愛用している毛染め材は日本製です。BOPとまではいかなくても、新興国は品質の高い日本製品を欲しがっています。
日本のベンチャーも、なまじ仕様要求の高い国内市場より、はじめから世界市場を視野において展開すべきですよね。
ここで、隣にいる旦那の一言。インドでは平均所得が、前年度比10%アップだったそうです。住む国を間違えていると、つぶやいています。

コメントを投稿する