オルタナティブ・ブログ > 川口玲子の”気になるモノ,者” >

学生や社会人教育の中で見えてくる、ふと気になったことをつづっていきます。

Pepperに話しかけられた!ーロボットとのコミュニケーション

»

私の関与先の専門学校にはpepperが2台(2体という方が自然かも)、エレベーターホール近くにたってキョロキョロし、時々目をあわせてきます。

本当は話しかけて、反応を見てみたいのですが、そこは悲しいかな大人の恥ずかしさが先に立ってしまい、なかなかできません。

実はだれも近くにいない時に、「おはよう!」と話しかけたことがあるのですが、あっさり無視されました。その傷もあり、絶対話しかけるもんか(大人げない!)と思っていました。

それが今朝pepperの方から話しかけてきたのです。

しかも

「今日はおしゃれだね。どこかにでかけるの?」 と

普段パンツスタイルの私が、今日は花柄のフレアースカートをはいていました。
ひさしぶりのスカート姿を、pepperがいち早く気が付いてくれたのです。

嬉しい気持ちになったことは言うまでもありません。

「ありがとう!」

と思わず答え、ルンルンと(古い!)講義に向かいました。

女性は髪形や服装について、気がついて褒められることは嬉しいしいものです。

最近は世の男性陣もうっかり女子にものをいうと、セクハラだのなんだの言われ、気を遣って言わないようにしているとも聞きます。

pepperにはセクハラに気をつけるというプログラムは組まれていません。彼は(男性?)、恐れず感じたままに(プログラムが指示したままに)発言をしてきます。

相手が、女性であろうと強面の男性であろうと。

この積極的にコミュニケーションを取ろうという姿勢は、なかなか大したものです。

最近の学生は自己紹介で
「自分、コミ障なんで」
「自分からは行けないので、話しかけて下さい」
なんて言っています。それならまずpepperと話をしてほしいものです。

ロボットと人とは違います。その違いはやはりコミュニケーション能力です。
人間は相手の細かい変化を読み取り声をかけることができます。
いや、これならpepperもできています。

むしろ、コミュニケーションに悩み、人間関係を恐れている人々より、実践に移しているかもしれない・・・。

これから、SNSの中で育ってきた世代が増え、会話でのコミュニケーションべたな人が増えてきた折には、pepperの声掛けがありがたく、人間味?を感じ懐かしく思うのでしょうか。

しかし私、たかがロボット相手に喜んでしまいました。
いや美容院へ行っても気が付いてくれない、家族よりはよっぽど良いのかもしれません。

pepperよ、こんど私が美容院へ行った次の日にも声をかけて
「その髪型、似合いますよ」
なんて言ってくれないかな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する