オルタナティブ・ブログ > テクノロジーと希望 >

開けてしまったらあふれ出すテクノロジー。そこには希望が残っていた!

著作業界の崩壊が向かう先

»

また攻撃されそうな話題選んじゃったな・・・。

私自身著作権者です。たくさんの記事や本を書きました。いくらか怒っています。

最近、ジャーナリズムが崩壊の危機にある、という話をテレビの報道で聞きました。インターネットなどの「一見無料」の媒体からニュースを得ることが多くなり、新聞媒体が売れないために新聞社がどんどんつぶれているのだそうですね。

アメリカの多くの新聞が広告収入の上に成り立っています。アメリカの多くの企業がインターネット広告に移行しているために、新聞社の収入が激減しているのだそうです。日本の新聞は購入代金の上に成り立っているため、市場構造が若干違うのだそうです。

インターネット・ニュースが普及し、新聞がなくなることでジャーナリズムがなくなり「監視能力が衰える」と言ってる人が出てきて、それはどうなのだろう?と考えました。

「紙で配布する」ということと、「インターネットで配布する」ということは、媒体の違いでしかありません。ニュースソース(記事、原稿)を作る人の問題ではないはずなんですよ。

私だって、技術記事や原稿を書きます。紙の本に出すにしても、Webに出すにしても、同じものを作ります。むしろWebのほうがたくさんの人の目につきます。なのに、Webのときの方が金になりません。ソースを作っている人間にとっては、どうも不愉快です。

なぜ、インターネット経由で配信されるニュースが監視能力を持てない、と言い切れるのでしょうか。なぜジャーナリズムが、生き残れるレベルでインターネットから収入を回収できないのでしょうか。なぜ、インターネットでジャーナリズムが生き残れないのでしょうか。

この話題は私が書いているような著作物にも、音楽や映像にも言えることです。

最終的に読者・視聴者に渡る「著作物」に対して支払われている「価格」は、これまで「著作権料(ニュースならその素材コスト)」「装丁(デザインなど)」「物理媒体(紙・印刷)」「流通コスト(宣伝・販売・配布)」などが総合されていたはずです。Web化されることで大幅にカットされるのは、物理媒体と流通のはず。なぜ、著作者とデザインにまで「金を払わなくていい」というロジックになってしまうのか、理解できません。

オープンソースもそうなんです。ネットで配布する、自分たちでなんとかする、という点がコストを下げているのです。なぜ、「最初にコード書いた人にまで金を払わなくていい」という論理になってしまうのでしょうか。

ジャーナリズムにはお金がかかります。取材しなければなりません。取材には器材や移動費がかかります。ジャーナリストへの食費や給料だって必要です。取材するひとの生活をささえてあげてください。新聞社には、印刷も配送も要りません。でも、ジャーナリストは必要です。そのお金をだれかが捻出しなければ、ジャーナリストはなくなります。

映画は、プロの映画屋がいなくなれば良い作品が観られなくなるでしょう。「素人作品だって良い作品はある」という人もいるかもしれませんが、世界中のすべての作品がそれになることが本当に正しいと思いますか?そういう反論をする人は、一切、プロの映画を観ないで暮らせますか?

ネットには、素人が投稿したニュースが大量に流れています。「それだけでニュースは十分に支えられる」と言う人もいるかもしれません。しかし玉石混合。どのニュースが「信頼できる」ニュースソースなのでしょうか。プロのジャーナリストは、信念を持って真実を追い求めます。写メを投稿している学生に、その信念はおよそないでしょう。そんなニュース、信じていいのでしょうか。

書籍や雑誌にしても、これまで「プロの目」で選び抜かれた素材が使われてきました。プロとはなんでしょう。もう一度考えてみてください。

「たくさん観られている人気のブログ」というような、単なる人気だけで、コンテンツがもてはやされる時代は「プロ意識」を欠いた、なにかさみしい時代の到来のような気がしてなりません。たくさんの人が観ている、聴いている、それだけが作品の評価なのですか?

私の感覚からすれば「無料化」に力を入れているインターネット企業が、その収入源を「著作者」を保護するために働くべきだと思います。勝手に「無料で」配布し、広告収入で私腹を肥やすだけでなく、書籍の著作者、映画の制作会社、ニュースソースを作ったジャーナリズムに、利用された(閲覧された)分だけの使用料金を支払ってください。その回収システムを作り上げてください。市場の破壊をする人は、新しい市場を構築する義務もあるはずです。利用者が気持ちよくて自分たちだけが儲かればよい、というのではテロリストと同じです。提供者の利益も考えてください。

これはオープンソース・ソフトウェアにも言えますので、次回のブログで書きたいと思います。

Comment(13)

コメント

つぶやきてきな発言で恐縮ですw
書くだけの人、物を作るだけの人の両方のプロの技術はすごいと思いますが、両方の能力を持っていないと、価値として対価を得られない時代に自然になるように思えます。直接的に対価を生むもののみに対価が支払われる世界は、ある意味でシンプルであるべき姿のように思えます。情報量が増えること自体は良いことだと思っていて、整理する力があればよいような気がします。

今までジャーナリズムが「整理する能力」を発揮してたのかもしれないですね。その人達が「喰っていける」環境を作らないと、玉石混合の情報の海で人間は溺れてしまうのかもしれません。

玉石混交が正しいというのはネットで得た知識です。

音楽にしても、文学にしても、才能のある人が作ったものに触れたい、というのが芸術の世界の欲求というか、ニーズですよね。これまでは、専門家(として成り立っていた人)が玉石混合から、絞り込んで絞り込んで「良い物だけを」ユーザーに届けていたと思うのですが、それが延べタンになってしまうのがネットなのだろうと思います。だから玉石混合なのでしょうね。ネットはそういうもの、といえばそうかもしれないのですが、「良いものを」絞り込めないという意味では未成熟なのだなぁ、と思わなくもないです。

伊藤崇

遅れてコメント失礼いたします。
私も先日NHKのクローズアップ現代を見て、色々と思うところがありました。
放送を見ての率直な感想として、歩み寄るべきは新聞社側だと思いました。
しかし記事を拝見して、
インターネット企業側から歩み寄るべき余地もまた大きそうだなと感じました。

新聞社などのメディアが誇るべき強みは、玉石混交の情報を整理する編集能力だと思います。
新聞社は、その強みを生かしたサイトデザインにまだ成功していないだけで、
それができれば、Web上の情報に課金してジャーナリストを食べさせていくことは、
決して不可能ではないのではと、そんな希望的な見方でいます。
そのときにインターネット企業が果たすべき役割が、
今考えられているより、もっと大きくあるべきなんでしょうかね。

番組で立花隆さんが、ジャーナリズムが人々に求められるものである事は間違いなく、
なくなることはないと楽観視していたのが印象的でした。

伊藤崇様

そうですね。Paper(英語で新聞紙)は必要なくなってきているけど、ジャーナリズムが必要なくなったわけではないと思います。インターネットが、ニュースを整理する機能を持つジャーナリズム産業として成長していく必要があるのでしょうね。産業化する、ということはお金の流れを作ることだと思います。ジャーナリズムを含む、すべてのコンテンツにお金の流れを作り出せないインターネットは、いつまでたっても玉石混合だと思います。

斉藤

インターネット企業が著作者を保護する為に働くべきという議論は甘えすぎのような気がします。
お金が欲しいなら、著作者(又は、その代理人)がインターネット企業に、お金をくれと言えばよい話ではないでしょうか?著作者の制作したコンテンツに、それだけの価値があればお金を払ってくれるでしょうし、価値がなければ他の(安いコストで書いてくれる)著作者を探すでしょう。
これは需要と供給という単純な経済原理の問題だと思います。現在は低コストでも、そこそこのコンテンツを供給してくれる著作者がインターネット上にはたくさんいる(供給過大)為に価格が下がっているということではないでしょうか。
それはオープンソースでも状況は同じでしょう。

> お金が欲しいなら、著作者(又は、その代理人)がインターネット企業に、お金をくれと言えばよい
> それだけの価値があればお金を払ってくれるでしょう

それで、著作者を保護できるのでは・・・と私は思いますが?・・・それさえもまだ整備されていないと思いますが?

おっともう一つ。
>現在は低コストでも、そこそこのコンテンツを供給してくれる著作者がインターネット上に
>はたくさんいる(供給過大)為に価格が下がっているということではないでしょうか。
>それはオープンソースでも状況は同じでしょう。

これは誤解ですね。私はApacheやDojoツールキットのプログラマの知り合いがいますし、JBossやRedhatのプログラマとも会話したことがありますが、そのへんのサラリーマンプログラマより給料はいいそうですよ。オープンソースの開発者は、むしろ「高い」供給者です。そのへんのカラクリが日本では理解されてないですね。オープンソースは「安い人材がボランティアで供給してくれる無料ソフトウェア」と思われていますから。

mohno

いまさら細かいことで恐縮ですが、「玉石混合」ではなく「玉石混淆」(または「玉石混交」)ですね。コメント欄でも誤用が相次いでいるようですので念のため。

た、たしかに・・。失礼しました。

kaiou

ちょっとした思考実験なのだが、ネット上において小説を書くとしまして。
無論、そのままではお金が入らない。
しかしながら小説が人気が出た時作者が自費出版で(同人誌スタイルででも)紙媒体の本にして売れたとして、それは果たしてネットと紙のどちらの成果だと言えるだろうか?

こういう問いかけをするのは現実にコミックス関連では同人誌で稼いでる人がいるのです。
そしてかなりの率でHPやサイト、ブログ等を持っており、サンプルで画像を出しています。
サンプルとは別にフリースタイルでイラストを載せていたりして、それで商売をする訳ではなし。
そうしたらいったいぜんたいネットにおける創作活動は何を求めているか?
おそらくは金で換算できない繋がりなのだと思うのです。(まぁ、自己顕示もあるでしょうけど)
もう一つの側面は、やはり自己広告としての役割なんですよね。
個人で無料でいろいろネットで出してる人と言うのは、最終的には「誰かが評価し、その人が創っている何かを購買してくれる」状況を構築できてる人なんだろうなと。

・・・・まぁ、それとジャーナルは別問題ではあるでしょうけども、正直、ジャーナリズムというのは同意するマス(大衆)に依ってこそ存在意義があるのであって、マス(大衆)にウソをついたり情報操作をしたりしてきたからこそ見限られたとも言える訳。
つまり、ネットの無料の情報があったから質が低下したのではなく、ジャーナルの方で質が低下したからこそ相対的にネット上の無作為の情報に価値が移転してしまったとは考えられませんか?
もっとも、2ch等見ても分かるけど情報の海というのは言えば、限りなく渦巻くデマの中から本物らしい情報を選び出すのは受け手の問題なのでもありますが。

そのままではお金が入らない。このお金の流れがきちんとしてないあたりがネットの未熟な所なのかもしれません。発達して変わるのか、このまま永久にそうなのか、どうなるでしょうね。

>受け手の問題

これも、ネットの特徴でもありますね。デマだったり、少数意見だったり、偏見だったり・・・そういう情報もたくさんあるわけで、それを統計したり、なにかで分類できるなんらかの能力がこれからのネットには求められるかもしれませんし、それを行うのが新たな「ネット・ジャーナリズム」の役割なのかもしれません。

コメントを投稿する