オルタナティブ・ブログ > 生涯ITエンジニアでいこう。 >

どんどん出てくるIT業界の新トレンドを乗りこなし末長くエンジニアをやっていきましょう。

SoftLayerを試す。Cloudの勉強中

»

 先日SoftLayerの勉強会に参加したところ知り合いの、またここのブロガーでもある北瀬氏からSoftLayerのキャンペーンの情報をいただきさっそく試してみようと思いました。

$500 OFF YOUR FIRST MONTH

http://www.softlayer.com/info/hong-kong-hosting

さて、上記Webサイトに行き ”ORDER TODAY” をクリック

Ordernow

Bere Metal Server という画面が出てきました。ここでさっそくベースとなるハードウェアの選択です。右側からあらかじめ作られている構成から選んでもいいですし、左側から自分の好みによってパーツを選択してもOKです。

Menu1

たとえばCPU40コア、メモリー容量512GBなんていうのも選ぶことができます。(キャンペーンの$500を大幅にオーバーしているので実際はもっと安いのを選択)

Cpu40core

次に“Buy Now”をクリック、次のメニューに行きます。ここではデータセンターの場所や詳しいハードウェア構成、ソフトウェア構成を選択します。なんか自分の会社のオンラインストアに来てしまった感じです。 デルオンライン 

さてここで選択できるのは

 データセンターの場所、現在ここには世界各地の10か所のデータセンターがリストに載っています。今年中に”Japan”というのも載ってくるのでしょうね。

 そしてサーバーの構成、そしてこれが本当に詳細というか私のようなハードウェアマニアに親切な内容。いろいろ選べます。(ただ必須で選ぶ必要があるのはデータセンターの場所とOSですのであまり時間をかけてくない方も安心)

Dc

Os

 CPU: CPUはすべてIntelのXeon。しかしNehalemかWestmereかを選択できます。もちろんメモリーの容量も。ここを選択すると右上の見積もり金額も変動するので安心して部品が選べます。

Cpu (CPUを選べるのはかなりハイエンドな構成の場合のようですが)

それ以外の項目もいろいろあってかなり時間をつぶしてしまいました。

Operating system: LinuxからWindowsそしてVMwareと幅広いラインアップです。Parallelsもあるんですね。ところでCloudLinuxって知らなかった。これ?

Os_2

OS-Specific Addon: Xen ServerやvCenterなどの仮想環境もOK.Webmatrixなんてのもあるんですね。

Osspecific

Database: ここもオープンソースからMicrosoftのまで幅広く。でもやっぱりOraclはないんですね。

Db

さていろいろと時間を費やしてしまいましたが最後に “ADD TO ORDER”をクリックして支払いに

ここでPromotional Codeを入力

Final2

さてこれ以降は次回に(いつになるかは未定ですが)
 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する