オルタナティブ・ブログ > そろそろ脳内ビジネスの話をしようか >

「脳内ビジネス」の話はまたにします!

いきなりぼったくりの洗礼  ~海外進出ってどうよ5

»

ということで、ホーチミンの国際空港についた訳ですが、ホテルの予約をハロの社長に任せてしまったので、ホテルまでの交通手段が分かりません。

実は、それに気がついたのはその日の昼頃で、矢野社長にFacebookで「ところで、ホテルまではどうやって行ったらいいんでしょう?」と聞いたのですが、成田出発までには返事は来ておらず。

そうなるとホーチミンに着くとすぐにFacebookを見る必要があります。

Wi-Fiルーターはここ(これはなかなか助かった)で借りてきたので、ネットはつながるはずなのですが、何が原因なのかなかなかつながりません。

おいおい、IT屋がそんなことでいいのか?

いや、少し言い訳させていただくと、到着ロビーでゆっくり研究すれば良かったのですが、つい気が急いてロビーを出てしまったので、そうなると白タクのおっさんたちがハエのようにたかってきて落ち着かないのです。

1人2人なら「No Thanks!」で追い払うのですが、4人も5人も寄ってくるともう追い払う気力もなくなります。

だいたい

「You want taxi?」

なら「No」と言えますが、もうこっちから反応をもらおうといろんなこと言ってきます。

「Where are you from?」

「Is this first time to Vietnam?」

「Why do you wear the coat? Vietnam is very hot! HA HA HA !!」

完全無視で20~30分スマホと格闘して(日本人のイメージ悪くしてすみません!)、やっと矢野社長に連絡が取れると

「ああー、その辺にいる白タクで頑張って来て下さい」

と。

えー、そうなん#゚Д゚!?

このおっさん達、ただのエキストラだと思ったら、ちゃんと意味のあるキャラ、というか必須キャラだったのか...!

ただ矢野社長に相場は聞きました。だいたいホテルまで15ドルくらいだと。

しょうがないので、白タクのおっさん一人を捕まえて、いきなりハイレベルな折衝がはじまります。

ちなみに、先ほどからの英語も、ここからの英語もすべて正しい日本の中学生英語に直してます。本当の現地の英語はもっと無茶苦茶ですし、私も無茶苦茶言ってます。ここ3週間ほどアメリカ人のネイティブに教わってきたような英語を振りかざしても絶対伝わらない雰囲気ですから。

で、ホテル名を告げると、なんだかわからないけど、料金表のようなものを出して、「(そこのエリアは)25ドルと決まっている」というようなことを言ってきます。

「25 dollars ! Too expensive !!」

と言って他を探そうとすると、

「Wait, wait, W・A・I・T !

と、行く手に立ちふさがります。

「Ah-... how much you want?」

みたいなことを言ってきます。

「My friend says about 15 dollars.」

というと、ちょっと困った顔をして「OK, OK」と。

「You and you. 2 people?」

「Yes」

「OK, OK」

(おおー、なんだよー。ぼってないで始めから15$で行ってくれよー。)

ということで、やっと我々に笑顔が戻ってきました。ちゃんと交渉出来たことでちょっとした自信も生まれました。おっさんが荷物を持ってくれるために差し出した手に、意味が分からず握手してしまったりして。

「Come with me!」などと陽気に言われて、ついていってみると、完全な乗用車です。これ、完全な白タクじゃないですか。いや、だろうとは思ってましたが、まったく体裁を繕う感じもないですね。日本なら即パクられます。

まあこんなものかと思って乗っていると、少し進んだところで「忘れてた。先に料金を払ってれ。」と。

こちらもその方が安心なので、了承して

「Ok, 15 dollers. Wait a minute..」と財布を取り出すと

「No, No, No. You 15 dollers and you 15 dollers. So, 30 dollers.」

えー!? 1人15ドルなの!?

始めの25ドルより上がってるじゃん!?さっきの、何のための交渉?

ただ、私が20年ほど前にイギリスに行ったときは、タクシーは一人ずつ料金を払わされたので、ベトナムもそうなのかなー、などと余計な知識が邪魔をして抗議も出来ず。。

いや、もう車、少し出ちゃってるしここで抗議しても結構面倒なことになってしまいます。よく考えられてます。

しょうがいないので黙って30ドルを払いました。武闘家の内藤取締役は「やられましたね」なんて他人事です。まったく役に立たず。

30ドルというと、日本で言うと3000円弱でして、タクシーでそれくらいはまあかかるんじゃないかと思うかも知れませんが、4日くらい暮らして分かったことには、向こうはタクシーは初乗りが50円くらいで、町中だいたいのところは200円で行けます。端から端まで行って500円とかです。

実際帰りは正規のタクシーで帰ったので800円くらいでしたから、3000円は相当ぼったくられてます。

そんなわけでいきなりの洗礼を浴びたホーチミンの夜。

明日から楽しみです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する