オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

【PRです】Exadata、ついに日本で発表

»

オラクル初のハードウェア、ついに販売開始です。

データウェアハウスのパフォーマンスを大幅に改善する新製品。ハードはヒューレットパッカード社からご提供いただいています。

パフォーマンス向上の秘訣は、ボトルネック探しとその解決。
考え方はこうです。

  • データが流れるパイプを太くする
  • データが流れるパイプの本数を増やす
  • 流れるデータの量を少なくする

「Oracle Exadata」製品ファミリーについて
今回の発表で、2つの製品が提供開始となります。

「HP Oracle Database Machine」
・・・データベース性能を最適化するハードウェア構成で、事前に設定が行われて提供されます。ハードウェア部分についてはHPのサポートのもと、オラクルがデータベース性能のための最適な構成を設計しました。

「HP Oracle Database Machine」は、データウェアハウスのために最適化された高性能のシステム構成をとり、計64基のIntel プロセッサ・コアを搭載した8台の「Oracle Enterprise Linux」が稼働するデータベース・サーバーと、データベースとストレージの間に14GB/秒のデータ帯域を備えた最大168TBのストレージ容量を持つ14台の「Oracle Exadata Storage Server」で構成されます。

「HP Oracle Exadata Storage Server」・・・「HP Oracle Exadata Storage Server」は、「HP Oracle Database Machine」の高性能を実現する重要な構成要素となるストレージ・サーバーですが、ストレージのみを購入する場合には、本製品を単独で購入することができます。「HP Oracle Exadata Storage Server」は業界標準の部品によって構成されていることが特長です。2基のIntelプロセッサが搭載され、最大で12TBの総容量のストレージ、そして1台のストレージ・サーバーあたり1 GB/秒のデータ帯域を保持するInfiniBand接続部品で構成されます。

Exadata2small


Exadata_0027







エンタープライズウォッチの記事を見る

JapanInternet.comの記事を見る

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する