オルタナティブ・ブログ > 『スマートIT』術 >

「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

衝撃!「フレッツスポット」と「光ポータブル」、私が体験した全貌を明かす。

»

今回は体験談を記載しているため、適切でない表記があるかもしれないが御了承願いたい。

「光ポータブル」はNTT東日本が想定していた以上に予約が殺到したようである。
以下、NTT東日本からのメール(2010/06/30) 改行位置の変更有

お客さま各位
                              NTT東日本
この度は、「光ポータブル」をお申し込み頂きまして、誠にありがとうございます。
「光ポータブル」の予約受付については、受付開始直後から非常に多数のお申込みを頂戴しており、お客様をお待たせしている状況が続き、大変申し訳ございません。
6月25日(金)の提供開始に伴い、お申込をいただいたお客様から順次ご連絡をしております。
お客様へのご連絡については、大変お待たせしておりますが、今しばらくお待ち頂きますようよろしくお願い申し上げます。
なお、お客様への発送日については、以下を予定しております。
 ■SIMロックの場合 ・・・7月中旬
 ■SIMフリーの場合 ・・・8月上旬
また、具体的な発送日につきましては、確定次第改めてご連絡させて頂きますので、
今しばらくお待ち頂きますようよろしくお願い申し上げます。

しかし、結論から話すと”初期出荷台数があまりにも少ない”ことに唖然とした。
問い合わせたオペレーターとの間で、初期出荷台数は公言しないようにとの約束であるため、台数に関しては御了承願いたい。
ここまで少ないと、私が予約開始当日の開始6分後に予約登録完了しても初期出荷分に割り当てられなかったのは納得できる。

初期出荷は6月25日頃に開始していることはすでにブログに書かれている何人かいるため明らかである。NTT東日本へ問い合わせたところ2回目の入荷が7月中旬(SIMロック版)とのことである。

ということは、初期出荷分があまりにも少ないことと2回目の入荷が7月中旬を考えると「受付開始直後から非常に多数のお申込みを頂戴しており、お客様をお待たせしている状況が続き」という表現は理解しがたい。初期出荷台数のあまりにも少なさを考えると予約数をどれだけ少なく考えていたのか疑いたくなってしまう。それはそうと、まとめて入荷するのではなく、申込者としてはせめて1週間ごと入荷すべきではと考えてしまう。

ここからは想像となるため書くのは控えようとも考えたが、せっかくなので想像するのもビジネス脳を鍛えるのに良いかと考え直し書くことにする。あくまでも私の想像である。

iPad発売前にフレッツスポット料金引下げと光ポータブルの発表を行っている。
NTT東日本としては、iPadはWi-Fi版を購入してもらい光ポータブルでNTT回線を使ってもらおうと考え、iPad発売前に光ポータブルを発表したのではないだろうかと想像している。
しかも、申込予定者としては商品が届くのが待てるぎりぎりを1ヶ月後だと判断し、6月末辺りを光ポータブルの提供予定としたのかもしれない。(iPad発売が5月28日。1ヶ月後は6月末にあたる)
その6月末に商品の提供ができる数がほとんど無いのだが、提供開始した実績は作っておかなくてはならないと考えたのかもしれない。
こう考えたのなら、少しでも予約者を抱え込もうとしたためであろう。
しかしながら実質、SIMロック版は7月中旬。SIMフリー版が8月上旬からの提供になる予定である。

善意に考えると、6月末には提供できる予定だったが、バッファローの店頭販売分が予想以上に多かったため光ポータブル分がキープできなかったのかもしれない。(バッファロー販売分が品切れ状態といった話も聞いているので、こちらの方が正しいのかもしれない。)

仮にそうだとしたら、「バッファロー製であるため、バッファロー販売分を優先にしました。」と言ってもらえれば納得するのだが。

残念ながらこのあたりは情報公開していないため、想像で終ってしまう。---

どうであるにしろ、数値(初回出荷数)と試験的出荷の表記を初めからすべきであったと思う。そうすれば、納得する人が増えたのではないだろうか。
また、フレッツスポットの申請は光ポータブルのMACアドレス登録が必要になるため、光ポータブルが届いてから申請して下さいとオペレーターから言われている。
そのフレッツスポットは登録してから開通希望日まで少なくても中6日空ける必要があるようだ。
そう考えると私の場合はiPadでフレッツスポットが使えるのが7月下旬頃になりそうである。
今は忍耐の時期であるようだ。

<何が良いのか>
私も良いと思ったので予約登録したのである。そこで、フレッツスポットと光ポータブルの良い所も紹介してみよう。
1.フレッツ光に入っていれば「光ポータブル」が315円/月で使用できる。
2.繋がる範囲が広く品質の良いNTTのFOMA定額データプランが使用できる。
3.自宅で無線LANルータとして使える。
4.使える店舗や場所が多い「フレッツスポット」が6月から210円/月と引き下げられた。
5.稼動時間は現時点で発表されているWi-Fiルータの中では最長である6時間。(とある雑誌で同仕様のバッファロー販売分ルータの実測値では9時間以上も稼動したようである。)

簡単にいえば、「光ポータブル」1台で自宅、フレッツスポット、それ以外のFOMA電波が届くところで通信ができること。そしてFOMA定額データプランにすでに入っていれば月あたり525円の追加料金で利用可能なのである。

※利点ではないが、iPadに「フレッツスポット」を繋げるには、「光ポータブル」が必要になる。

<やり取り>
本件に関して今まで何度かNTT東日本問合せ先とやり取りしたが、本製品に関してオペレーターには周知徹底されていないことが残念である。そう感じた一部を以下に記す。
(現在では周知徹底されているように感じたが、本件発表当初や予約開始時は全く分かっていないようであった。)

・今はどうかわからないが、発表当初「フレッツスポットはiPadに繋がるのか」の質問に対しては、iPadはPPPoEに対応していないため繋がらないが、光ポータブルを使用すると、IEEE802.11b/gに準拠した無線LAN対応端末であれば利用可能と想定しています。とのこと。
iPadが使えるとはっきりした回答は言ってもらえなかった。
お客様の方で判断して下さいとのことだろう。

・「光ポータブルですが、FOMAの定額データプランSIMはSIMフリー版で使用可能かどうか」の問に対しては、予約開始時は大丈夫ですと言っていた。
暫くして、FOMAの定額データプランSIMはSIMロック版でしか使えないと電話がかかってくる。
かなり時間を取られてしまいいろいろあったが、良い商品のようなので期待してまずは7月中旬まで待つことにするしかなさそうである。(しかし、ある程度小出しで入荷して順次発送できないものなのか?)

日本を代表する会社である。
もっとスマートにできないことか。。。

◆関連サイト:

・2010/07/19驚くべき連続稼働時間!早速実測してみました☆NTT東日本『光ポータブル』(モバイルWi-Fiルータ)
・2010/07/18NTT東日本『光ポータブル』(モバイルWi-Fiルータ)入手報告!
・2010/07/14『光ポータブル』、7月16日NTT東日本へ入荷予定!

◆方波見さんの光ポータブル関連エントリー
2010/07/03 激戦のポータブルWi-Fiルータ。バッファローのポータブルWi-Fi(DWR-PG)を買った人のお話&日本通信からb-mobile WiFiの質問に回答がありました。

2010/07/01 『光ポータブル 予約申込みのお客様へのお知らせ』というメールが届いたのですが・・・ そして、CiscoのAndroidタブレット『Cius』への期待。

2010/06/24 『光ポータブル』モバイルWi-Fiルータの「提供開始」とお届けの違い、実際のお届け予定などについて確認して見ました。

2010/06/23 NTT東日本『光ポータブル』モバイルWi-Fiルータは、6月25日より提供開始に決定。そして、事前予約は2010年6月23日(水)21時で一時受付終了です。

2010/06/19 忘れていませんか?NTT東の『光ポータブル』予約受付開始。さて困った、SIMロック版(NTTドコモ)とSIMフリー版のチョイス&フレッツお客様IDが見当たらない。

2010/06/04 バッファローPortable Wi-Fi(DWR-PG)はFREESPOTのWi-Fi接続も可能=iPadでもより高速に使える。でも既に初回予約受付は終了ですね。

◆小俣さんのフレッツ・スポット関連エントリー
2010/06/22 フレッツスポットvsホットスポット

2010/06/09 フレッツスポットに接続してみた

2010/06/04 フレッツスポットはiPhone,iPod,iPadで使えない?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する