オルタナティブ・ブログ > ITとビジネスの可能性 >

ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

構成管理は誰のためのもの?

»

こんにちは。

お客様と「構成管理は誰のためのものか」についてお話すると、興味深い回答が多くあります。中でも多いと感じるのが下記のパターンです。

「構成管理は誰のためのものか」に対する回答

 プロジェクトメンバー: 「マネージャのためのもの」

 管理職:「プロジェクトのためのもの」

お互いがお互いのためと思っていることが結構多いようです(^^

これは、構成管理は、双方にとって必要なものと解釈できるかなと思いますし、事実、構成管理を実践し、何らかの成果を挙げているところは、双方で必要性を理解していることが多いと感じます。

ただ、お互いがお互いのためと思っているということは、「お互いが自分のためではない」と考えてしまっているとも言えますね。これは不幸な結果を招く危険性が大きくはらんでます。意思疎通できないないと、どんなに相手のために...と思っていてもよい結果に結びつかない、または結果がでるまでに必要以上に時間を費やしてしまうということが待っています。

ちなみに、プロジェクトメンバーの皆さんは、ISOやCMMIなどの「SCMまたは、構成管理」を連想することが多いのか、「縛られる」、「やることが増える」、「誰かが構成管理者をやらせれる」、「だれか構成管理システムのメンテをやらなければならなくなる」といったネガティブな思考になる傾向にあるようです。これは、計画やコストが確定されたプロジェクトにいきなり、「構成管理を徹底しろ」とお達しが下される傾向があるのが要因として大きいのではないかと感じます。実際にやることが増える(仮に今まで構成管理してないプロジェクトだったならばやることは確実に増えます。ただし、無駄な作業が削減もされますが)とどうしてもネガティブな思考になりますよね。

一方、管理職の皆さんは、「プロジェクトをよりよくし、ビジネスとしても成功するために、『見える化』していくことはプロジェクトにとって(も)価値のあること」と理解している傾向があるようです。

双方にとってメリットがある反面、当面はデメリットと感じてしまうこともあります。俗に言う“立下り”というやつで、何かを変えるときには、一時的に効率が落ちてしまうことがあるのは当然のことです。これを十分にお互いが理解し、如何に“立下り”の下がり具合を少なくし、また、早く効果を出すためには...ということを考えていくことが重要ですね。

Comment(2)

コメント

今後、仮想化環境における開発が増えてくると思いますが、環境構築や検証の効率化を考えれば、構成管理の重要性はますます大きなものになるでしょうね。

というか、個人的な見解ですが、構成管理がされていないプロジェクトというのは、バグやミスが多そうな気がします。スーパーマンの力で無理矢理なんとかしているところも多そうです。

NAKAさん、コメントありがとうございます(^^

システムや開発環境が高度化、複雑化されればそれだけ、品質を維持・向上させることが難しくなってきますね。そうすると構成管理などの開発の基盤になる仕組みがより欠かせないものになってきますね。

日本人や日本のプロジェクトはある意味優秀で、スーパーマンや、お家芸の残業や休日出勤してでもなんとかするという勤勉さで乗り切っていた部分が多くあると思います。

ただ、そんな勤勉さは、もっとクリエイティブな面で発揮できるようにしなければ優秀なエンジニアもスーパーマンも力を十分に発揮できなくなってしまいます。構成管理は、つまらない(が非常に重要な)定型的な作業や、それによって引き起こされる凡ミス、ヒューマンエラーを回避・軽減するという意味でも有効なソリューションになりますね。

コメントを投稿する