オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

Feedの話を聞いていて、クローラに興味を持った

»

 先週、小川さんのMODIPHIのプレス向け発表会に参加した。ここにエントリーを書こう書こうと思ってはいたのだが、なかなか時間がとれずタイミングを逸した感もあるが記しておく。

 発表の内容やMODIPHIそのものはすでにニュースや小川さん自身からも紹介があるので、そちらを参照してもらうこととし、個人的な感想を。発表を聞いていて素直にFeedが面白そうだとは感じた。たしかにWebがあっという間に市民権を得たように、Feedが普及していく予感はする。とはいえ、FeedがWebにとって代わるものではない。小川さんも現状では、長い文章で読ませるものよりは、短い告知文のよう情報発信がFeedでは効果的と指摘していた。

 MODIPHIを見ていて、blogをやめてこれを使うかという気にさせらるインターフェイスだっとのは確か。しかしながら、実際のところはまだFeedがメディアとして成熟していないので、不特定多数にどんどん読んでもらいたいといったときに、自分のメッセージを普及させる仕組みがFeedは弱い。誰かに直接売り込んだり、結局はWebやblogにもして検索に引っかかるようにすることになるのだろう。そうすると、プレス発表の席でも指摘があったように、blogやWebを先に作ってそれをFeedするのでいいのではという発想にもなる。

 それはもちろん、間違った使い方ではないだろう。けれど、そうじゃないFeedそのものを活用するところに、将来的なというか未来的な面白さがある。自分としてもこのことは理解はできているつもりだけれど、具体的な姿はまだ浮かんでいない。

 Feedの可能性の話を聞いていて、むしろマイクロフォーマットやクローラが面白そうだと感じた。まだ自分のなかで整理はされていないが、Feedがどんどん普及した際に、情報がきちんとマイクロフォーマットになっていれば、再利用性が高いし、その情報が制作者が意図しない発展をしそうな気がしたのだ。

 さらに、クローラ。こいつがインテリジェンスをもって自立型になると面白そうだ。AさんのクローラとBさんのクローラが、ネット上で出会って会話する。AクローラがBクローラに、「君ならこないだぼくがどこそこで拾ってきたFeedにきっと興味を持つと思うよ」みたいなことを言い、Bクローラは「そういうことなら拾いに行ってみよう」みたいな感じ。

 こんなことを実現するためにも、マイクロフォーマットで最低限必要なメタ情報的な情報を、きちんと発信するというのが必要となりそうだ。Webでももちろんいいのだけれど、こういうことを想像すると、Feedって面白そうだなと思った次第だ。


キーワード記事*

RSSWeb2.0

Comment(1)

コメント

すいません。TBまで打っておきながら、何をトチ狂っていたのか谷川さんのエントリーを他の人とずっと勘違いしておりました。
 しかも1週間あまりもそれにずっと気づかずにおりまして大変失礼いたしました。先ほど先月の自分のエントリーを改めて読み直して間違いに気づきました。大変申し訳ありませんでした。引用した私のエントリーのほうは先ほど訂正致しました。謹んでお詫びします。大変申し訳ありませんでした。

コメントを投稿する