オルタナティブ・ブログ > まあまあ元気になる話 >

IT業界での少し気分がアップする出来事、心持ち役立つこと、ややイイ話

ワークマンのCM

»

吉幾三さんが出ている「ワークマン」のCMをご覧になったことがありますか?吉幾三さんが様々な現場でそこの作業服を着て歌っているCMです。
明るく、良い気分になれる曲調に覚えやすい歌詞。
思わず口ずさんでしまっていた、という人も多いのでは無いでしょうか。

ところが、先日、小学生の娘と一緒にこのCMを見ていると、
「あたし、このCM嫌いなんだよねー」
と一言。
んん、何で??
インパクト重視のCMは、受け手によって捉え方が違ったりするので、好き嫌いが分かれることもあるだろうけど、このCM見て、ちょっと嫌な感じのするところあったっけ?
「だって、この人、歌ってばっかりで、ぜんぜん仕事してないじゃん!」
おお、小学生ならではの視点。
学級会で
「ムラヤマくんが、遊んでばっかりで、お掃除しませんでした」
とクラスの女子(じょし)に責められた昔を思い出してしまいました。

そのときは、大笑いしたけど、よくよく考えてみると、
自分は仕事しているのに、アイツは・・、
という感情、会社でも良くありますね。
第三者には、楽しそうで、気分が良くなるような雰囲気の人に対しても、それが自分のプロジェクトのリーダーだったり、上司だったりすると、
「楽してるんじゃないの」、「気楽でうらやましいよ」、「ちょっとは、こっちの苦労も分かれっつーの」
と文句が出て来がちです。
これってどういうことで生まれる感情なのでしょう。

(1) 相手が仕事をしていないので、自分に実害がある
(2) 自分がツライ状況にあるのだから、相手も同じ状況でないとおかしい
(3) お気楽そうな相手に、自分のツライ状況が分かるはずがない

(1) の場合は、確かに嫌ですね。
掃除をさぼる人がいたら、自分にそのシワ寄せが来ますからね。
でも、他のプロジェクトの人に、そういう感情を抱くこともよくあります。
また、リーダーや上司だと、仕事の役割が違いますから、本当に、そのリーダーや上司のせいで自分がツライ目にあっているとは限りません。

(2) は、ちょっと嫌な性格、と言われてしまいそうですが、人間って、そういうところがあるように思います。
でも、だからといって、リーダーや上司に、
「オレの方がツライ目にあっている」
と愚痴ばかりこぼされても、嫌な感じがなくなるどころか、気分が滅入るばかりです。

(3) の感情、そうそう、結局、相手がどうこう、というより、自分を分かってもらえない、自分を見てもらえていない、のがツライんですね。
明るく楽しげなのが悪いのではなく、自分と共感してもらえなさそうなのが嫌なのだと思います。

もし、吉幾三さんが、作業者一人一人の歌を聞いていているシーンがあれば、娘もこのCMが好きになるかも知れません。

Comment(2)

コメント

himat

娘さんに水鳥の例えを教えて上げると、見方も変わるかもしれません。「水鳥は優雅そうに、或いはお気楽そうに水面に浮かんでいるように見えるけど、水面下では必死にバタ足しているんだ、そうでないと沈んでしまうんだ。あの人達もお気楽そうに見えるかもしれないけど、沈んでしまわないように影では必死に努力している。見えないところで努力しているからこそお気楽そうに見せられるんだ。見えるところでバタバタしてアピールしている奴は、力不足で溺れ掛かっているんで、大した奴じゃないんだよ。見える人にはお見通しなのだからお前も頑張りなさい」と。

でも、この理屈にも落とし穴は有るわけで、そこを突かれたら・・・・(^^;。

himatさん、コメントありがとうございます。
見えないところで努力しているからこそお気楽そうに見せられる、確かにそうですね。
娘も頑張ると思います。

コメントを投稿する