オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

Twitter上の口コミでアカデミー賞を予想?

»

L.A. Times, IBM そして University of Southern California Annenberg Innovation Labの共同開発でTwitter上の映画の感想の口コミデータを可視化した仕組みを公開しています。その名もOscar Senti-meter
20120220_232651
カテゴリーは、男優、女優、作品で、Twitter上でつぶやかれている件数の量を円で、そのコメントの内容をPositiveかNegativeかを判断しマッピングしています。円の中心をクリックをするとツイートの数とサンプルのつぶやきが表示されます。
上段にタイムラインがあり、動かしてみると作品毎に円の大きさが変わって行き、話題の中心が新作に移って行くのが良くわかります。

さて、これでアカデミー賞の行方が予想できるのでしょうか?
アカデミー賞の投票権を持つのは、映画関係者なので直接影響はないでしょうね。(笑)しかも、アカデミー会員は、同業者ということで妬みやひがみもはいるため、必ずしも良いものが賞を取るとは限らないんですよねえ。おまけに映画関係者がそれほど他人の映画を観ているわけでもなく、アカデミー賞が近づくと会員宛に候補作品のビデオが送られて来て、慌てて鑑賞するというのも聞いたことがあります。

そうなると実際に映画館のスクリーンで観ているこのTwitter上の世論の方が映画を観るための参考になるかもしれませんね。
Twitterの口コミとアカデミー会員が選んだ結果とが、どれくらい近いものなのかを比較してみるのもいいかもしれません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する