オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

IBM海外支援チーム

»

弊社では、IBM Corporate Service Corps(IBM海外支援チーム)という試みを実施しています。全世界IBM社員の中から5,500人の応募あり、その中から昨年100人の社員がボランティア活動のため様々な国に派遣されました。日本IBMからも5名の社員が、ルーマニアとタンザニアに赴きました。

タンザニアでは、旅行者や旅行関連業者が簡単にタンザニアの信頼できるツアー・オペレーターを探してコンタクトできる検索システムを持つTATOの新しいウェブサイトの構築をサポートしました。

プレスリリース
IBMのボランティア活動がタンザニアのツアーオペレーターのインターネット活用を支援

この度、このプロジェクトに参加した弊社社員の活動をYoutubeにアップしましたので、ご紹介させていただきます。

タンザニア、調べてみたら、キリマンジャロやヴィクトリア湖など超メジャーな大自然、おまけにンゴロンゴロ保全地域とセレンゲティ国立公園の世界遺産、ビリー・ジョエルの歌にもありました「ザンジバル」など、行ってみたいところが盛りだくさんでした。すぐには行けませんが、TATOのWebサイトで、とりあえず仮想旅行を楽しんでみたいと思います。

日本IBM社会貢献サイト
http://www.ibm.com/jp/company/society/

コーポレート・サービス・コー(CSC)
http://www.ibm.com/jp/company/society/corporate_service_corp/index.html

メンタープレイス
http://www.ibm.com/jp/company/society/educ/mentorplace/index.html

IBM社員/定年退職者によるコミュニティー支援
http://www.ibm.com/jp/company/society/odc/index.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する