オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

100人中で1番の分野を3種類持つとどうなるか?

»

prize02.jpgオリンピックの代表に選ばれるだけでも大変なのに、表彰台を目指すことが至上命題だという選手は、どれだけ過酷な戦いを勝ち抜いていかないといけないのでしょうか?

実力があって周りからの期待が大きい中、金メダルを逃した悔しさは本人しかわからないはずです。
直前の世界選手権で1位になっていたような選手であれば尚更です。

今日は、某著名な教育学者の言葉を紹介して、私たちの発奮材料に少しでもなれば幸いです。
いきなり金メダリストのような100万人の頂点を目指すことも大変なので、尚更参考になります。

「100人中で1番の分野をまず持ちなさい。続いて、他の分野で100人中で1番の分野を2つ、合計で3つ持つこと。これによって、3分野で1番の人物は100万人の中であなたしかいない」

つまり100万人の中で1番になれるというものです。

これを聞いてなるほどと思いました。
100人の中で1位を目指すことにも困難を伴いますが、絶対無理ではないはずだからです。

自分の気持ちに火がついた人は早速今日から更なる上を目指して努力あるのみです。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する