オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

マーケティングとイノベーション以外はコスト

»

innovation.jpg先日も同様のことを書きましたが、P.F.ドラッカーの言葉です。
「マーケティングとイノベーションが企業において重要であり、それ以外は企業にとってコストでしかない。」

ドラッカーは次のようにも述べています。
「企業の目的は顧客の創造である。したがって、企業は2つの、そして2つだけの基本的な機能を持つ。それが、マーケティングとイノベーションである。マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす。」

参考までにイノベーションについてもドラッカーは説明しています。
「イノベーションを行う組織は、まず第一に、イノベーションの意味を知っている。イノベーションとは、科学や技術そのものではなく価値である。組織のなかではなく、組織の外にもたらす変化である。イノベーションの尺度は、外の世界への影響である。したがって、イノベーションは常に市場に焦点を合わせなければならない。」

「市場ではなく製品に焦点を合わせたイノベーションは、新奇な技術を生むかもしれないが、成果は失望すべきものとなる。」

いかがでしょうか?
本日の拙稿は、ドラッカーの至極の言葉をそのまま書きました。
それくらい、いずれも重要過ぎるくらいの文章の引用です。

是非、覚えておいてください。
どこかで役に立つはずです。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する