オルタナティブ・ブログ > インターネット団体職員の独り言 >

インターネットとそのガバナンスについてつらつらと

人事異動

»

本日は金曜日。水曜日だったので既に2日経っているが、大きな出来事が起こった。人事異動である。

2007年1月に専従となる前からも兼任として拝命していた、IP事業部の部長というポジションから、隣のインターネット推進部の部長、というポジションに移った。今までインターネット推進部を見ていた部長級との交換人事であった。

よくよく思い起こしてみると、今まで自分から会社を辞めて次へ、というパターンはあったにせよ、所属組織の命によって別の仕事に移るということをやったことがなかった。新鮮である。

4月いっぱい引き継ぎ期間と言うことで、両方の部署のミーティングに参加。今までの自分のチームを後任に見てもらい、新しいチームを自分が見るということになるが、すぐ隣で仕事をしているのに、仕事内容以外にも取り回しやいろいろなことが違う。異なる文化を持っているんだなぁ、と思った。スタッフたちは新しい上司に自分の仕事のブリーフィングをしたりして、なんだか、新しい風が吹き出した、という感じがする。たまにはこういう異動が必要だと言うことだろうと思う。

仕事の内容は、IPアドレスの管理を後任に任せ、その代わりに、ドメイン名の調査,広報教育,インターネットガバナンスやICANNのフォローといったものを新たに担当する。APNICの役員と、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースの仕事は属人的に付いてきた。

心機一転というほどガラッと変わるわけではないし、前の仕事にも難しい課題がたくさんあって、手助けしなきゃいけないことも有るかも知れないが、新しいことに挑戦するということは、気持ちが引き締まる。がんばろ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する