オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

[飲食]ビールを売ってみた。

»

実は、少し前にビール祭りでビールの販売をさせて頂きました。

え?加藤さん、ビール飲むだけじゃなくてビールのビジネスも始めたの?

そんな風に思うかも知れませんが、そうではなく、きっかけはクラフトビール東京さんで見た募集でした。

自分の出来る時間だけで良いとの事で、先に時間を伝え、お揃いのTシャツを着て、手をアルコール消毒して、松江地ビールびあへるんさんのブースに立ちました。(へるんというのは小泉八雲のことで、ラフカディオ・ハーンだから「へるん」のようです)

53

  • 以下、いろいろ感じた事をつらつらと。
  • クラフトビールはやはり美味しい(やはりここ数年ブームのようで、美味しいものがどんどん出て来ています)
  • 珍しいビールは早い時間に売り切れるので、早い時間帯が狙い目
  • クラフトビール系のイベントは、使い捨てのグラスのせいか、オクトーバーフェスト系のイベントよりリーズナブル。海外ビールだけでなく日本のビールが好きな人にはとても良さそう
  • びあへるんの場合は「縁結びビール」なるものがあり、味だけでなく話題性という意味でも面白いと思いました。
  • 普段の自分の仕事はB2Bが中心なので、直接消費者の人と会話する機会は非常に少ないのです。この接客を通じて、現場の生の声はとても大事だなと再確認しました。
  • 特に決められた接客方法は無く、知的で元気の良い若い方がビールを説明。社長さんも「自分で飲んで感じた感想をお客さんに伝えてもらったほうがいいから」と言ってました(私も味見を致しました。バナナっぽい香りや柑橘系の香り等、ビール毎に本当に全然違います)。
  • 最近の若者は・・・マニュアル人間・・・などと言いますが、ここのブースで会った方は皆そんなことはなく、自発的にきびきびと的確に、しかも楽しく動いてました。元の能力も高いのだと思いますが、自分が好きなことに取り組むのは非常に重要だと感じました。

Beer2

ビールを溢れさせてしまったり、しかもお土産まで頂いてしまい、役立ったのかどうかもわからない私の接客でしたが、貴重な体験だったので、一応記録として残しておきたいと思います。(懲りずに、また、やらせてもらおうかと思っています!)

ありがとうございました!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する