オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

約3時間半で行ける南の島グアムは大人の旅行にもアリなのか?

»

忙しい、忙しいと言い続け、結局一度も海外に行けなかった2012年。実は自分の中では、グアム旅行は「ナシ」だと思っていました。約20年前に行った事があったのですが(なんと目の前で、ウルトラクイズの「どろんこクイズ」を見ましたw)、もう「卒業」して、遠い所や珍しい場所に行くほうが良いという「思い込み」があったように思います。若干珍しい場所だと、過去にはボルネオ島とか、アイルランドとか行っちゃいました。

結論から言うと、グアム、充分アリでした。近すぎて見逃してたというか。ただ、期待しすぎてはいけないなという感じも。以下簡単に振り返りたいと思います。

■食事
どのホテルも日替わりバイキング(バッフェー)をやっており、日曜はアルコール飲み放題も込みで昼間からやっています。時間帯や曜日により、料金やメニューが大きく変わるようです。バイキングには、2つにちょん切られた熱帯魚のようなキレイな魚も並んでおり、ドキっとしました。夜はデザートも豊富でした。

4

それ以外ではTGI Fridays、ハードロックカフェ、トニーローマ、カプリチョーザなどのチェーン店が人気のようでした(他の方の話+ガイドブック情報)
食事に関しては、とても印象に残るといった超美味しいものには巡り会えませんでした。ガイドブックによれば、食材を輸入に頼っており、お値段も高めとのこと。現地の「チャモロ料理」は試していないので、これは機会があればリベンジしたいところです。

■海、自然
とてもキレイです。充分に行く価値があると思います。プルメリアやハイビスカスなどが咲き乱れています。ヤシやノニなどが実っていたり、植物を見ているだけでも飽きません。

5

Yashi

Noni_2

10

■ホテル
ガイドブックでは「高級」と書かれていた某チェーンホテル「S」(数年前に別のホテルが買収され、Sになったようです)に滞在したのですが、サービスがかなり甘く、ビックリしました。部屋には前の客の忘れ物の携帯充電器。洗面所には髪の毛も落ちていて・・・。トイレットペーパーも減るばかりで追加されないし、掃除後にタオルが減っていたり・・・(頼んで持って来てもらいました)。Trip Advisorで見た所、そのような感想を書いている人が他にいました。残念ながら、衛生面・サービス面ではこのホテルはかなり厳しい印象を受けました。以前ハワイで2人で1泊5000円という安ホテルに泊まった事があるのですが、そちらのほうが衛生的でした。これはたまたま選んだホテルが悪かったのかもしれません。(ぎりぎりでも空いてたホテルにしたのがまずかったようです・・・)

またホテルの場所も大事です。タモン地区にあるホテルであれば、移動が楽で買い物も楽なので、出来る限りこの地域のホテルにした方が良さそうです。

リベンジする機会があれば他のホテルにします。

■スーパーマーケット、コンビニ
Kマート、ペイレススーパーマーケット、ABCストア等に行きました。ABCはまさにハワイと同じです。スーパーは珍しい地元の食材や日本では入手しづらいものも多数並んでおり、買い物好きな人には充分楽しめます。日本だと粉を溶かして飲むプロテインは意外とみかけますが、液体になっているものが多数目立つところに並んでいました。(このようなものです。)お土産等Kマートで買うとかなり安く手に入りますが、グアムと書いてある中国製も多数並んでいたので注意が必要です。インドネシア産のコーヒー、フィリピン産のマンゴーに大きく「GUAM」と書かれて販売されているので、土産物探しが大変でした。ハワイ産の100%コナコーヒーは日本で買うと2800円くらいするのですが、それが1000円位で入手出来ました。

9

■市場
デデドの朝市というものに送迎バスを使っていきました(バスは往復で5ドルでした)。チケットにはフリーマーケットと書いてあり、地元の人がいろいろなもの(食品、洋服、雑貨、その他)を売っています。土日のみ開催。活気があります。見て雰囲気を楽しむ感じです。

6

写真は「goto」というお粥らしきものです。

Goto

■交通手段
鉄道がありません。また流しのタクシーがありません。大抵は、レンタカーでの移動か、ホテルとお店の間を巡回している「バス」を利用する事になります。この「バス」ですが、ハワイと同じで、使う旅行会社により、無料で乗れるバスが異なりますので注意が必要です。うまく活用すると、お金をかけずに効率よく移動できます。バスは10分間隔でぐるぐる回っています。ちなみに乗っているのは全員日本人でバス停も日本語で書かれています。

■ブランド物購入
デューティーフリー(DFS)やその近くにブランド物を扱っている店があり、それなりに入手出来ます。DFSにはトリバーチもありました(洋服は扱っていませんでした)。円安になって来ましたが、今でもそれなりに安く買えます。

8

■アウトレット
いわゆる高級ブランドものはありませんが、タコベルなどの入ったフードコートがあり、映画館も併設。ブランドではなくても様々な商品が格安で売られていました。最近日本に再上陸したシナボンもありました。ROSSなどには掘り出し物もありそうでした。

■ネット・電話環境

あまり良くないようです。ホテルでも自室で有線でつなぐほかは、スマホもほとんど「圏外」でした。レンタルのモバイルWiFiはタモン地区であれば充分つながるようなので、次回機会があれば試してみたいです。

■ビザ

ビザも、そしてESTAも不要です。

■客層
私見ですが、大きく以下に分かれます。

  1. 学生、若者(安く気軽に海外を楽しんじゃおう!初めての海外は近場がいい)
  2. 家族連れ、赤ちゃん連れ(安価だから家族全員で行ける、近いから赤ちゃんがいても旅行可能)
  3. ゴルフ目的(会社のゴルフ仲間たちで)
  4. マリンスポーツ目的(いろいろなマリンスポーツの体験出来る施設が複数あります)
  5. 短期の休みで海外旅行したい人(韓国だとハングルで看板が読めないけど英語だったらなんとなく読める。暖かい地域に行きたい)

ホテルの衛生と食事という面では不満が残るものの(工夫と選択次第でこれはクリア出来そう)、現地の方は人懐っこくおもしろい感じですし(写真はオーシャンジェットクラブでバーベキューを焼いていたお兄さん。ウケ狙いでちょと拗ねたポーズをとってくれたところです。)

7

海も植物もとてもキレイ。短時間で行けるお手軽海外として充分アリでした(週末をうまく使って、1日会社を休むだけで行けます)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する