オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

Twitterを宣伝に使おうとして失敗するパターンはこんな感じ?

»

Twitterって仕事で使えるよね?見たいな会話がたくさんなされるようになってきて、いかにも宣伝目的のIDも増えてきました。それらの多くが以下のパターンをたどっています。

1.IDを作る

2.キーワード検索をして、とにかくたくさんフォローしまくる

3.製品の説明とURLをつぶやいて、Webサイトに誘導しようとする

4.自分の日常生活もつぶやいて、人間味も出そうとする

でも、たくさんフォローしても、相手からブロックされてしまうこともあります。

また、フォロー返しをしてもらえるとも限りません。

更には、フォロー返しをしてもらったとしても、たくさんの人をフォローしている人だと、つぶやきが多すぎて、他のつぶやきに埋もれてしまい、読んでもらえません。

読んでもらえたとしても、製品の説明文ばかりではうんざりしてしまい、フォロー解除につながります。

自分の日常生活をつぶやいたとしても、まったく知らない人がスタバでNLP講師の資料作りをしたり、赤ちゃんのおしめを替えたりする「つぶやき」はフォローしていてもおもしろくありません。

ただ、

情報・ニュースを先取りして教えてくれる

ギャグが楽しくて和む

興味のあるイベント・セミナー情報などを伝えてくれる

豆知識が役立つ

つぶやきに出てくる料理のレシピやレストラン情報が上質

の場合は、宣伝が多いついったーであっても、フォローをしています。

安易に「宣伝になりそうだ!」と飛びつくと、効果が薄いのかもしれませんね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する