オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

広報ついったーは自分の立ち位置を確認しよう!

»

Twitterを使って企業がプレスリリースやイベントなどをつぶやいたりするケースが増えていますよね。オラクルIBMに続いて、インテルも先日から始めました。オルタナブロガーだと、エンバカデロもつぶやいていますよね。

「よし、うちの会社も!」というところも多くあるのではないかと思いますが、「自社の位置づけ」を考えてからスタートしないと「あれ?こんなはずでは?」となりかねません。

たとえば、IBMの場合は、とにかく機械的にプレスリリースを入れているようです。Webから手動で作業されているようで、(余談ですがTwitterFeedなどを使えば、この作業は自動化できます。)人間味のあるつぶやきなどはありません。双方向性がなく、フォロー返しもなく、問い合わせも電話でしてくださいとなっています。

このやり方って多分IBMのような大企業だから成り立っているのですよね。中小企業でこれをそのまま真似しても、フォロワーが増えるとは思えません。中小企業がやる場合にはもっと工夫が必要であるように思います。すでに名前が知られていて、皆が注目をしている会社と、今は無名で、これから知ってもらいたい会社では、やり方が違ってくるわけですよね。

ついったーの担当者を決めて、単なる企業情報のこぴぺにとどまらず、運営していくとなると、それなりの手間やスキルが要求されます。皆忙しいから、「暇そうな●●さんにしよう」などと担当を決めようものなら、不適切な発言をしてしまったり、操作を間違えてしまったりということもおきそうです。

まずは今の自社の位置づけを考えてみる必要がありそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する