オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

助けてくれる人は誰なんだろうか?

»

人の紹介って結構重要ですよね。人から紹介してもらったからということで、転職が決まったり、新しいクライアントが決まったり、人生の伴侶と出会ったり、気があう親友と出会ったり。

また、紹介でなくても、困ったときに、懇切丁寧にアドバイスをしてくれる知人っていたりしますよね。

皆さんはそんな人を大事にできていますか?まさか困ったときだけ連絡して、普段は無視していたりしませんか?

大事にしている人はここから先は読まなくていいかと思います。

「あの人、紹介が好きで、おせっかいで、楽しんでやっているからいいじゃない」などと、大事にしていなかった人は読んでください。

その人って、普段はそれほど接点がないかもしれません。でも、困ったときや紹介して欲しいときだけにその人にコンタクトを取って、後は連絡しない、ということだと、相手も愛想を尽かしてしまい、そのうち動いてくれなくなります。

よく思い起こしてみると特定の人から何人も紹介されたり、何度も助けられたりしていませんでしょうか?(私の場合、複数の「ハブ」的な人が人の紹介などをしてくださっています)

感謝の気持ちをどうぞ、表してください。
別にものでなくても構わないと思います。

一方的に親切だから頼む、というスタンスで、人にお願いすると、最後には自分にとってよい状況ではなくなるように思います。

是非、いつも助けてくれる人、よいアドバイスをくれる人、よい人脈を紹介してくれる人をリストアップして、その人に御礼しつつ、その人と情報交換をしてみてください。特にいろいろな物事が停滞してしまっている人にはお勧めの方法です。

人脈を作るための書籍が複数注目されていますが、今の人脈を維持する力がなければ、いくら本を読んで、新しい人脈を作っても維持が難しいかと思いました。

(私も出来ていない面があるので日々勉強で、偉そうには書けないのですけど)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する