オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

マクドナルドがアルバイトで行列演出した件

»

先日食べたクオーターパウンダーが予想外に美味しく(ダブルだと私には無理そうなので通常のにしましたが)、ポジティブなエントリーを書こうとおもったら、このようなニュースが報じられました。

<マクドナルド>新商品に1万5千人行列 バイト千人動員

記事によれば、夜中からの先頭行列はフルキャスト登録のアルバイトだったそうです。

具体的には、マクドナルドがモニタ調査を依頼したマーケティング会社が派遣会社のフルキャストに依頼したとのこと。そのときに、「楽チン!新商品を並んで買って、食べるだけのお仕事!」時給1000円と募集され、1000人のうち300人は商品アンケートにも回答したそうです。

マクドナルドは、このアルバイトも含まれているにも関わらず、最高記録のプレスリリースを出したのですが、最高記録には変わりないと、訂正などはしないそうです。

上記は記事からの引用をまとめたのですが、ここからちょっと個人的な意見を書きます。

最初に並んでいる人が数十人いたら、それにつられて並ぶという行為は起きそうですから、このアルバイトたちがいなければ、こんな記録はでなかった可能性はありますよね。

余談ですが、現在のは元アップルの社長で、日本のマクドナルドのマーケティング手法がだんだんアップルっぽくなってきた気がするのですが、どうなんでしょうか?関係はないのでしょうか?気になります。(やらせという部分ではなく、画期的で大規模で洗練されているという部分が)

非常に勉強になるので、マーケティングのうまい会社のよい事例はどんどん体感していきたいですが、今回は少しケチがついてしまったようです。

こんなことがなくても、クオーターパウンダーは他と比較しても十分美味しく、話題性もあるのではないかと思います。(最近他社のハンバーガーで、パテが牛肉じゃないところが増えてきた気がします。気のせいでしょうか?)

Comment(4)

コメント

同感です
そもそもあれは素直においしいです。

モニター調査は何ら非難されるような行為ではありませんし、もちろん違法性もないでしょう。しかしながら、こうなると世の中の見方は逆転してしまいます。そんな意図はまったくなくても、「バイトまで雇って売上記録を達成した」と世間には映ってしまうのです。「もし、列に多数のアルバイトが並んでいることが知れたら、世の中の人はどう思うだろうか」を考えていなかったとしたら、残念ながら思慮が足りなかったと言われても仕方ないでしょうね。マーケティングの上手な同社としては、あまりにお粗末な作戦だったように思います。結果としてマクドナルドは、新記録達成のおめでたいニュースに、自らドロを塗ってしまったのではないでしょうか。
 
先行発売というと、iPhone3Gの発売時に、ソフトバンクが表参道のショップ前にできた長蛇の列をマスコミが報道して大きな話題を呼んだことを思い出します。この時は“サクラ”はなかったはずですが、それでも1店舗だけ、数時間だけ先行発売することで消費者心理を誘導して列を作らせ、その情報を報道各社にリリースしたことで、話題集めのためのパフォーマンスという声も聞かれました。この辺が広報の難しいところだなぁと感じます。
 
すみません、長くなっちゃいました。実は私もエントリーしようと記事書いて、今からUPしようと思ったら、きょこさんのエントリーがUPしていることに気づいた次第で。危うくニアミスするところでした(汗)

個人的に気になるのは、マックから発注を受けたフルキャストがベラベラと受注内容を喋っていること、ですね。

トラパパさん>コメントありがとうございます。そうですよね。素直に美味しいので多分また買うと思います。


中村昭典さん>コメントありがとうございます。中村さんのブログは楽しみに拝見しております。確かに広報、難しいですね。


ookiさん>コメントありがとうございます。情報の出所は書かれていませんが、フルキャストさんがばらしたのではなく、請けた個人の方が発言したのではないでしょうか?

コメントを投稿する